ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
画像の説明
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

今日から始めるロードバイク初心者向けまとめ【初心者講座】

ロードバイク初心者向けまとめ記事

 

ー「ロードバイクを初めたい!」

  • ロードバイクってなんだかカッコいい!
  • 自分の力だけであんなに速く走れるなんてすごい!
  • 知らないとこに自分の力だけで行ってみたい!

この記事では、そんな 「ロードバイクを始めたい!」と思ったアナタに、「ロードバイクを買う」ところから「実際にライドする」までを徹底的に解説 していきます。

「ロードバイクがほしい!」とはいえ、「なんだかロードバイクって敷居が高そうで簡単に初めにくい・・・」と思っていませんか?

「ロードバイク」と言っても、普段乗りなれている「自転車」と同じです。

最後まで読んだときには、必ずアナタも一流のロードバイク乗り”サイクリスト”になっていることでしょう!

【前知識】まずはロードバイクについて詳しく知ろう!

さぁ、今すぐロードバイクを始めよう!買いに行こう!

と言う前に、まずは 「ロードバイクとは何か?」 を知るところから始めてみましょう。

ロードバイクってなに?

POINT

「ロードバイク」とは、【より速く】走るためだけに設計されたスピードマシン

「ロードバイク」は、カンタンに言うと 「舗装された道路を誰よりも速く走ることだけに注力して作成されたマシン」 です。

プロの世界「ロードレース」では、車のようなスピード(100km/h!?)で走ることもあります。

その走行性能は、たとえ初めて乗る初心者であってもカンタンに原付きバイク(20-30km/h)と並ぶスピードを出せるくらい優れています。

また、「ロードバイク」はスピードを出せるだけではなく「疲労なく長距離・長時間乗ることができる」ことも大きな特徴です。

日常的に使用する自転車といえば、普段私達は「ママチャリ」に乗っていますが、せいぜい駅までの距離「10km」程しか乗りません。

それは、単純にそれ以上の距離だと”疲労する”からです。

しかし、「ロードバイク」は効率よく力を自転車に伝達できるため、同じ”疲労度”でも倍以上の距離(100km以上)を走ることができます

>>スポーツバイク歴10年以上の私が語る「ロードバイクの魅力」とは
>>ロードバイクを買う前に知りたい気になるウワサ

似たようなバイクに「クロスバイク」というのもあります。

「ロードバイク」と「マウンテンバイク」のミックスさせたもので、ロードバイクよりも安く手に入るので入門などはじめての人におすすめです。

しかし、似ているからこそ「ロードバイク」にするか「クロスバイク」にするかと言うのは、悩むところ。

その点について、詳しく解説してみました。
>>ロードバイク?クロスバイク?論争に終止符!どっちが良いかは目的で決めろ!

ロードバイクの種類

ロードバイクの種類

一口に「ロードバイク」と言っても実は種類があり、大きく分けると”4つ”の種類に分けられます。

  1. ノーマルロードバイク
  2. 軽量ロードバイク
  3. エンデュランス(コンフォート)ロードバイク
  4. エアロロードバイク

これらは

  • お手軽にロードバイクを楽しむ
  • ヒルクライム(登り)を攻める
  • 長く長距離を走る
  • とにかく速く!速さを求める

など、アナタが何を目的とするか、どこを目指すのかによってオススメのロードバイクが変わってきます

>>ロードバイクのフレーム形状の違い 

ロードバイクの素材

「普段使用しているママチャリが何という素材でできているか?」

なんて気にしたこと無いかもしれませんが、ロードバイクでは「素材」は、大きな問題になります。

  1. アルミ
  2. カーボン
  3. クロモリ

聞き馴染みの無いものもあると思いますが、この素材の違いだけで

  • 硬さが違うから、乗り心地がちがう
  • 重さが違うから、坂道の疲労感がちがう

更には、値段も違うのでしっかり理解した上で選びましょう。

>>ロードバイクの素材の特徴

コンポーネントの種類

ロードバイクのコンポーネント

POINT

「コンポーネント」とは、チェーンやギヤなどの「駆動部」のこと
スピードには影響しないが、走行中の快適性が大きく異なる。

もうひとつ忘れてはいけないのが「コンポーネント」 です。

スピードには直接影響はしませんが、走行中の走りやすさ・疲れにくさに影響してきます。

  1. 最高峰:DURA-ACE
  2. 手が届く上位機種:ULTEGRA
  3. コスパ最強:105
  4. 中位機種:Tiagra
  5. 初心者機種:SORA
  6. お試し機種:Claris

種類もたくさんあって値段も大きく違うので、どれかひとつに選ぶのは大変かもしれません。

当サイトでは、初心者には「105」か「SORA」をオススメしています。

>>ロードバイク用コンポーネントの違い

【準備】ロードバイクを買う準備をしよう!

ロードバイクの事がわかったら、次は購入の準備をしましょう。

ロードバイクの購入予算を決めよう

ロードバイクの予算

ロードバイクを購入するには、当然お金が必要です。

とはいえ、いくらかかるかなんてわかりませんよね?

初心者にオススメのロードバイク購入予算をまとめました。

>>快適なロードバイクライフを送るために必要な予算は〇〇円だ!

ロードバイクはどこで買えるの?

ロードバイクショップで買うかネットで買うか

「えっロードバイクは自転車屋で買うんじゃないの?」

自転車といえば自転車屋で購入するのが一般的で、ロードバイクも自転車屋でも購入できます。

しかし、普通の自転車屋には好みのロードバイクが売っていないことも多いです。

さらには、「ネット通販」という選択肢もあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので把握した上で購入しましょう。

>>はじめてのロードバイクはショップで買うかネットで買うか【メリット・デメリット】

【購入】いざ!ロードバイクを購入しよう

さて、お店と予算が決まったらお金を握りしめてお店へGO!

迷わない!後悔しない!はじめのロードバイクの選び方

ロードバイクの選び方

前知識もOK!予算もOK!

でも、実際にお店に行ってみたらいっぱい種類があってわからないや・・・
やっぱり、どのグレードにしたらいいか迷うな・・・

その気持ちわかります。特に最初の1台は、ものすごく悩みますよね・・・

その悩みを、ズバッと解決します。

>>10万?20万?悩む初ロードバイクの選び方【エントリーが最適】

絶対必要!ロードバイク購入と一緒に用意しておきたいもの

ロードバイク購入おめでとうございます!

晴れてロードバイクを購入したわけですが、安心・安全に使用するために、一緒に用意しなければいけないものがあります。

出費が重なって大変ですが、必ず一緒に用意しちゃいましょう。

>>愛車を盗難から守れ!すぐできるロードバイクの盗難防止方法&アイテム

>>ロードバイクの服装が気になる!オススメの服装をアイテム別に紹介するよ

>>ロードバイクに乗るなら「自転車保険」は必須です!ワンコインで入れる保険を紹介

【スキルアップ】ライディングスキルをアップさせる

関連記事

普段のライドに”サイコン”を足してワンランク上の走りを

lezyne gps サイコン普段のライドにサイコンがあると、120%充実したライドになること間違いなしです。
LEZYNE の GPSサイコンは、地図(マップ)表記でナビが可能でワンランク上のライドを楽しめます