ロードバイク

【Prime Baroudeurレビュー】実走してわかった長所・短所をインプレ!ステップアップホイールにピッタリ!

Prime Baroudeur レビュー

どうもこんにちは!u’uchu(@uuchu_space)です!

「Prime」ホイールといえば「カーボンホイール」が有名で、最近は周りでもちょくちょく見かけるようになりましたが、実は「アルミホイール」も出ていて評価も高いの知っていましたか?

私も通勤用のロードバイクに旧作品の「Prime Race」を使用していますが、普段遣いできるんじゃないかというほど使用感は優れています。

そんな「Primeシリーズ」の「アルミホイール」が、この度モデルチェンジしたとのことで早速レビューしていきます。

では、Prime Baroudeur」の長所・短所をしっかりとレビューしていきたいと思います。
※本レビューで使用するBaroudeurはWiggle CRC提供のものです。

Wiggleで「リムブレーキモデル」を買う

Wiggleで「ディスクブレーキモデル」を買う

Wiggleで「リムブレーキモデルのスペシャルエディション」を買う

Prime Baroudeurの基本スペック

prime ホイール baroudeur のスペック
基本スペックは、Wiggleなどの商品ページを見ればわかることなのですが、海外サイト特有の分かりづらさがあるので、まとめてみました。

特徴

  • 価格:¥29000(定価)
  • 重量:リムブレーキモデル1516g(F:661g R:855g)
  • 重量:ディスクブレーキモデル1585g(F:730g R:855g)
  • リムハイト:26mm(ディスクブレーキモデル:30mm)
  • リム幅:内側 19mm/外側 23mm(ディスクブレーキモデル:外側 22mm)
  • ハブ:「R020」( 7075アロイハブボディ/ABG(Anti Bite Guard))
  • ベアリング:日本製ベアリング
  • スポーク:Pillar PDB 1415、ダブルバテッドスポーク
  • チューブレスレディ(テープ済)
  • 対応タイヤ:クリンチャー/チューブレス
  • SHIMANO/SRAMの9/10/11Sに対応(カンパは別売りのハブボディが必要)

詳しく見ていきましょう。

ホイール重量が1500g台はZONDAと一緒

Prime Baroudeurの重量は、以下です。

リムブレーキモデル:1516g(F:661g R:855g)
ディスクブレーキモデル:1585g(F:730g R:855g)

ブレーキモデルによって違いはあれど、どちらもおよそ1500g台
これは、カンパニョーロのホイールだとZONDA」の1540gを凌駕しています。

ZONDA」はプロも練習用ホイールとしてするほど完成度が高く、一般サイクリストもホイールを買い換えるときの選択肢としてよく挙がります。

6万円する「ZONDA」と単純に価格とホイール重量で比較すると、2万円台で購入できる「Baroudeur」は破格とも言えます。

ゆう@ゆとり生活管理人
「1516g」はクライム用としてサブホイールで持っておいても損はないレベル

BaroudeurはR020ハブを使用

Primeホイールでは、2種類のハブが使用されています。

  • R010/RD010
  • R020/RD020

※”D”は、ディスクブレーキモデルに使用されます。

R010は上位モデルになり、R020は下位モデルのハブになります。
また、”D”の型番はディスクブレーキモデルに使用されるもので”無印”との両者に違いはありません。

Baroudeurに使用される「R020」ハブは、カーボンホイールの「RR-V2」シリーズにも使用されています。

使用感は後ほどお伝えします。

リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルでリムが違う

  • リムハイト:26mm(ディスクブレーキモデル:30mm)
  • リム幅:内側 19mm/外側 23mm(ディスクブレーキモデル:外側 22mm)

ディスクブレーキでは当たり前なのかもしれませんが、リムブレーキに乗らない私にとっては初耳でした。

言われてみればそのとおりなのですが、リムブレーキ部分がない分ハイトを高くできるのは当然ですね。

リムのデザインも違う!

画像はWiggleより引用

また、ハイト高さが違うだけじゃなくデザインも違うようです。

「リムブレーキモデル」では、通常のよくあるデザインですが「ディスクブレーキモデル」では全体がブラックでシックなデザインになっています。

一見カーボンホイールにも見え、足元が映えかっこいいですね。

最先端の”C19”リムホイール

一昔前までロードバイクのタイヤといえば「23C」のタイヤが一般的でした。

しかし、今では同じ空気圧であれば「25C」タイヤのほうが転がり抵抗が少ないということで、「25C」のタイヤがスタンダードとなっています。

その都合で、リム側もタイヤサイズに合ったパフォーマンスが出せるよう幅が広くなりつつあります

その流れをくみ、最近のホイールは「C19」のリム打ち幅の物が増えてきておりBaroudeurでも採用されています。


Wiggleで「リムブレーキモデル」を買う

Wiggleで「ディスクブレーキモデル」を買う

Prime Baroudeur:開封

prime ホイール baroudeurダンボールから開封

いよいよBaroudeurを開封していきます。

箱はよくあるホイールの梱包です。

付属品は以下です。

  • クイックリリース✕2セット(QRスキュワー)
  • 8/9/10s用スペーサー
  • チューブレスバルブ✕2
  • スペアニップル・スポーク✕4
  • 簡易取扱説明書

Baroudeurの外観

ルックスは目立たず、一般的なアルミホイールといったところです。

Baroudeurホイールは、良くも悪くもSHIMANOのように控えめな外見になっています。
好みが分かれるところではありますね。

ホイールに刻印されている「ロゴ」は、デカールシールではなくプリント?でした。

たいていホイールのデザインはデカールシールで装飾されており、剥がれ落ちるのが欠点でした。

直接印字されていることで、剥がれ落ちる心配は低いので高ポイントですね。
控えめな印字もシックで個人的には好きです。

リムの溶接はイマイチ

写真では分かりづらいですが、リムの接合部は溶接が甘く段差や隙間があります

Prime Raceのときもそうでしたが、溶接の精度はいまいちです。

R020ハブは外見上の特徴は無し

気になるハブ部分ですが、外見上これと言った特徴はありません。

なお「R020」ハブは、Jベンドスポークのため<右>の写真の様になっています。

【”Jベンドスポーク”とは】

”Jベンドスポーク”とは、頭の部分が「J」の字に曲がっているスポークのことを言います。

一般的に安価に手に入るため、完成車付属のホイールではよく使用されます。

弱点としては、J字の首に当たる曲がっているところが折れやすく、また剛性も低めであるという点です。

チューブレス用リムテープは装着済み

Prime Baroudeurホイールはチューブレステープ装着済み

Baroudeurチューブレスレディホイールのため、チューブレステープを貼ることでクリンチャータイヤだけではなくチューブレスタイヤも使用することが出来ます。

ちなみに購入時点で、既にチューブレステープが貼られているので追加で購入する必要はありません。

また、クリンチャータイヤを使用する場合も、チューブレステープが貼られているまま使用可能です。

Prime Baroudeurホイールのリム内幅
レビュー記事らしくリム幅を図ってみました。

誤差はなさそうですね。当たり前ですが。

ノギスなんて便利な工具がなかったため、手持ちの定規で図りましが測定にはかなり手こずりました・・・

近いうちにノギス買います。

Wiggleで「リムブレーキモデル」を買う

Wiggleで「ディスクブレーキモデル」を買う

Prime Baroudeurの実走レビュー

今回使用した環境はコチラ

  • バイク:Bianchi Via Nerone7(エントリーグレードバイク)
  • タイヤ:MICHELIN Power Competition 25C
  • 比較対象ホイール:完成車付属ホイール(鉄下駄も鉄下駄)

本ホイールの購入を考えている方は、ビギナーの方で初めてホイールを買い換える方が多いのかな?と思い上記の設定でレビューしていきます。

ちなみにホイール交換には「スプロケットの交換」も必須です。
下記記事で解説しているので、合わせて参考にしてください。

長所1:+5km/h平均速度がアップした

恐らく一番気になるところであろう「速度」の問題ですが、はっきり言って「合格」点です。

完成車付属のホイールですが、とにかく重くハブの回転も悪かったので漕いでも漕いでも進みませんでした。

この状況で普通に漕いで平均22km/hくらい。遅い。
そして一生懸命漕いでもMAX30−40km/hが精一杯な感じでした。

対してBaroudeurは、まず軽い!重量が1516gなのでおよそ2.2kgの鉄下駄と比較すれば歴然の差です。

また、ハブも完成車の無名のものと異なり、Primeのカーボンホイールにも使用されるちゃんとしたハブなので、スルスル滑るような回転を見せてくれて抵抗なく進む事ができます。

普段通り漕いでいるだけでも、気づくといつの間にか30km/hを平均で出せていました

感覚としては、25km/hを過ぎたあたりからスーッと駆け上がるような回転を感じます。
ギアでいうと1.5枚位は軽くなった印象です。

ゆう@ゆとり生活管理人
初心者でもキット違いがわかるほど軽い!


Wiggleで「リムブレーキモデル」を買う

Wiggleで「ディスクブレーキモデル」を買う

長所2:振動吸収性が上がった

鉄下駄ホイールのときは、道路の段差やデコボコをもろに拾い時折突き上げるような振動に悩んでいました。

短い乗車距離でも衝撃は苦痛でストレスです。
これが長距離走るようになると、弱い振動でも積み重なって大きな疲労につながるので侮れません。

対してBaroudeurでは、「C19」化によるワイドリムのおかげか、ホイール自体の柔軟性かわかりませんが明らかに振動吸収性が上がりました

今までは道路のデコボコを”リム”で受け止めている様な印象だったものが、”タイヤ”で受け止めている様な印象に変わりました。

恐らく、ワイドリム化によって安定性が向上しタイヤ自体の剛性も上がったため、振動をしっかりタイヤが受け止めてくれるようになったように思います。

長所3:使いやすいくらいの剛性

振動吸収性が良い、とはいえ剛性が弱いというわけではありません

たしかに、カッチカチではありませんが、漕いでいる力が逃げていったりたわむようなことはありませんでした。

試しに長めの直線でダンシングをかけてみましたが、ホイールがぐにゃぐにゃになるような感じはしませんでした。

ただこのあたりは、体重やフレームとの相性も大きいので参考程度にお願いします。

ゆう@ゆとり生活管理人
ちなみに体重は「65kg」です。

短所1:リムの摩耗サインがなくなったのは残念

ホイールのリムはブレーキングのたびに削られるため、消耗品です。

そのため、交換するタイミングが現れるのですがそれを判定するためにリムに「ポッチ」が空いているものがあります。

以前のPrime Raceでは、それが有ったのですがBaroudeurではなくなってしまいました。

ブレーキは命に関わるところなので、適切な時期に交換したいものですから、目安がわかったほうがありがたいです。

短所2:溶接面は機能に影響が出るほどではない

開封レビューで、リムの溶接部の精度について触れました。

実際に走行してチェックしましたが、走行性能に影響するほどではなさそうです。

もちろん個体差があるので一概には言えませんが、少なくとも私が所有しているものでは、ブレーキが効かないなどの影響はありません

短所3?:タイヤがめちゃめちゃはめにくい

Baroudeur自体の短所というわけではないのですが、チューブレスレディということもありタイヤをはめるのにめちゃくちゃ苦労しました。

メーカー公式のタイヤ幅は「25-30C」なので25Cを装着したのですが、まー大変。

まずリムに両サイドビードを上げるのに一苦労でした。最終的にはタイヤレバーを使用してなんとか装着しましたが、ここまで大変だったのは初めてでした。
※タイヤレバーを使用してのビード上げは非推奨

そして、問題はタイヤをハメ終えた後に膨らませても上手くビードがリムに引っかからない箇所があり、デコボコのタイヤになってしまったこと。

最終的には試行錯誤を繰り返し、空気圧を上げることで解決できましたが、「25C絶対ハマらないんじゃね!」と勘違いするほどハマりませんでした・・・

繰り返しますが、Baroudeur自体の短所というよりかは、「タイヤとの相性」や自身のテクニックの問題だったと思います。

個人的には、初めてホイールを買い換える方は「28C」で「MICHELIN POWER ENDURANCE」以外が良いのかな?

短所?:ラチェット音は小さい

Primeのホイール全般に言えることですが、「ラチェット音は小さい」です。

イメージとしては、「・・・カチカチカチカチ」です。

一部のユーザーには、カンパのような爆音ラチェット音が人気なのであえて挙げました。

Baroudeurレビューのまとめ

Primeから新発売された「Baroudeur」をレビューしました。

Primeのホイールは全般的に情報が少なく、購入には二の足を踏んでしまいます。

「Baroudeur」は、レビューを通して以下の人におすすめできると思います。

  • 完成車から初めてホイールを買い換えるビギナー
  • クライム用のサブホイールが欲しいサイクリスト
  • 通勤・通学用ロードバイクのホイールを探しているサイクリスト

Prime Baroudeurは、Wiggleで購入する事ができます。

初めて購入する際は、以下の記事も参考にしてください。


Wiggleで「リムブレーキモデル」を買う

Wiggleで「ディスクブレーキモデル」を買う

Wiggleで「リムブレーキモデルのスペシャルエディション」を買う
以上「Prime Baroudeurレビュー」でした。

[PR]提供:Wiggle CRC

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です