ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
画像の説明
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

【完全版】Prime(プライム)ホイール選び方!おすすめはどれ?全27種類を比較してみた!

wiggle prime wheel 2018


 

この記事では、「【完全版】Prime(プライム)ホイール選び方!おすすめはどれ?全27種類を比較してみた!」を紹介します。

今サイクリストの中で密かに人気の「Prime(プライム)のカーボンホイール」ですが、とうとう私も気になって来ました・・・・

とはいえ、現時点(2018年12月)でなんとカーボンホイールだけでも27種類あるので
違いが分かりづらい!

型番ややこしすぎるぅ

となったので、
「この記事さえ読めば自分の買いたいPrime(プライム)ホイールが100%わかる!」
を目指してまとめてみました。

目次をクリックするとその項目まで飛べるので、興味のある項目だけでも読んでいってください。
>>初めてでも安心!「Wiggle」での購入方法を徹底解説!

Prime(プライム)ホイールの紹介

比較に入るまえに、「Prime(プライム)ホイール」についてカンタンに紹介します。
比較だけ知りたい方は、飛ばしちゃってください。

Prime(プライム)ホイールの2シリーズの違い

Prime(プライム)ホイールの誕生

このPrime(プライム)ブランドは、イギリスに本社を置くCRC(Chain Reaction Cycles)社から2016年に発売されたPB(プライベートブランド)商品として誕生しました。

しかしその後Wiggle社がCRC(Chain Reaction Cycles)社を買収したことで、両社でPrime(プライム)ホイールが販売されるようになったのです。

ちなみにWiggleには「dhb」というアパレルブランドがあり、すでに一定の市民権を得ています。

WiggleのPB(プライベートブランド)の「dhb」を見てみる

Prime(プライム)ホイールの特徴

Prime(プライム)ホイールは安い!

Prime(プライム)ホイールの最大の特徴は、「安い!」ことです。

「フルカーボンリム」を採用しているにもかかわらず、10万円ほどの価格で提供できるのは「PB(プライベートブランド)」であるが故です。
通常であれば、間に入る業者などによってマージンが取られるため価格が上がってしまいますが、PB(プライベートブランド〉であれば、その心配がなく低価格で販売することができるのです。

例えば大人気カーボンホイール「BORA ONE 50 クリンチャーホイールセット」などは約20万円ほどします。

BORA ONE 50 クリンチャーホイールセット

Wiggleで「Bora One 50 クリンチャーホイールセット」を見てみる

対して「Prime BlackEdition 50 カーボンホイールセット」は、12万円ほどと半額で買うことができます

Prime BlackEdition 50 カーボンホイールセット

Wiggleで「Prime - BlackEdition 50 カーボンホイールセット」を見てみる

さらに言えば、ワングレード落としたモデルで「Prime RR-50 V2 カーボンクリンチャーホイールセット」であれば、なんと約7万円という驚異の価格で買うことができます。

Prime RR-50 V2 カーボンクリンチャーホイールセット

Wiggleで「Prime - RR-50 V2 カーボンクリンチャーホイールセット」を見てみる

Prime(プライム)ホイールはパーツがバラ売りされている

またPrime(プライム)ホイールには、他の会社にはない特徴があり、ハブ・ベアリング・フリーハブボディ・リムが単体で販売されています

他のメーカーは完組ホイールのパーツを売ることはまずありません。
せいぜいフリーハブくらいでしょうか。

Wiggleで「Prime ホイールパーツ」を見てみる

あまりいないとは思いますが、Prime(プライム)で手組ホイールが作りたいと思っても作ることが可能です。

【スポンサーリンク】
 

Prime(プライム)ホイールの2シリーズの違い

Prime(プライム)ホイールには、元は上位モデルの「RPシリーズ」と下位モデルの「RRシリーズ」の2シリーズが存在しておりました。

それが今年2018年に新シリーズ「BlackEdition」が登場し、旧上位モデルである「RPシリーズ」とモデルチェンジしました。

なので、現在は「Black Edition」と「RR-V2」の2シリーズになります。

Prime(プライム)ホイール「BlackEdition」の特徴

ワイドリム(外形27.5mm)化

旧モデル「RPシリーズ」は、リム内径16.5mm 外径25mmだったのに対して、新モデル「BlackEdition」はリム内径19mm 外径25mmになりました。

昨今のワイドリム化の波に乗った形ですが、それのおかげで「転がり抵抗の低下」などが期待でき、また「低コストでのカーボンクリンチャーリムの実現」にもつながっていると思います。

”Black"の名に恥じないシックなデザイン

前作および「RRシリーズ」では、白と黒を基調としておりシックな仕上がりのデザインになっていました。

Prime RR-50 V2 カーボンクリンチャーホイールセット

Wiggleで「Prime - RR-50 V2 カーボンクリンチャーホイールセット」を見てみる

しかし、「BlackEdition」ではその名の通り”Black"を基調としており、全体的に落ち着いた雰囲気になっています。
足回りを締まった印象にしたい場合に活躍しますね。

どちらかと言うと、「シャマルミレ」や「レーシングゼロ」に似ているでしょうか。

Campagnolo - Shamal Mille (シャマルミレ) C17 クリンチャーホイールセット

Wiggleで「Campagnolo - Shamal Mille (シャマルミレ) C17 クリンチャーホイールセット」を見てみる

新たなリムハイト60mm/80mmの追加

旧モデル「RPシリーズ」ではなかったリムハイト60mm/85mmが追加され、幅広いニーズに応えることができるようになりました。

一つ難点とすれば、このリムハイトのみセット販売されておらず、リアとフロントを別々で購入しなければらないので少し割高になってしまいます。

とはいえ、他のメーカーで揃えると更に驚くような金額になること間違いなしです。

Prime - BlackEdition 85 カーボンフロントホイール

Wiggleで「Prime - BlackEdition 85 カーボンフロントホイール」を見てみる

Prime - BlackEdition 60 カーボンリアホイール

Wiggleで「Prime - BlackEdition 60 カーボンリアホイール」を見てみる

謎の「R010」ハブと日本製?のベアリング

旧モデル「RPシリーズ」に採用されていた「R010」ハブは、新モデル「BlackEdition」でも使用されています。
ネットの情報によると、台湾のNOVATEC(ノバテック)社のものだそうで公式商品ページに記載されている「ABG(Anti Bite Guard)」が根拠の所縁だそうです。
評判としてはごくごく普通だそうです。
ちなみにベアリングに関しては、「高品質日本製ダブルシールドカートリッジベアリング」の記載から「日本製のベアリング」であるとされています。
高性能であってほしいですね!!!

スポークは「DT Swiss」製を仕様

スポークに関しては詳細な記載があります。
使用しているのは、「DT Swiss」社製のものを使用しており、駆動側に「DT Aero Comp」非駆動側に「DT Aerolite」を使用しています。一部が平らになっているエアロスポークですね。

【スポンサーリンク】
 

Prime(プライム)BlackEditionのラインナップ

モデル名 タイヤ種類 価格 重量 リム高 リム幅
BlackEdition 85 FRONT CL/TL 60750円 861g 85mm 27.5mm
BlackEdition 85 REAR CL/TL 60000円 1028g 85mm 27.5mm
BlackEdition 85 DISC FRONT CL/TL 56250円 885g 85mm 27.5mm
BlackEdition 85 DISC REAR CL/TL 60000円 1060g 85mm 27.5mm
BlackEdition 85 TU FRONT TU 56250円 761g 85mm 25mm
BlackEdition 85 TU REAR TU 60000円 950g 85mm 25mm
BlackEdition 60 FRONT CL/TL 46875円 744g 60mm 27.5mm
BlackEdition 60 REAR CL/TL 54375円 927g 60mm 27.5mm
BlackEdition 60 DISC FRONT CL/TL 46875円 807g 60mm 27.5mm
BlackEdition 60 DISC REAR CL/TL 54375円 950g 60mm 27.5mm
BlackEdition 60 TU FRONT TU 46875円 680g 85mm 27.5mm
BlackEdition 60 TU REAR TU 54375円 860g 85mm 25mmmm
BlackEdition 50 CL/TL 90000円 1580g 50mm 27.5mm
BlackEdition 50 DISC CL/TL 90000円 1624g 50mm 27.5mm
BlackEdition 50 TU TU 90000円 1371g 50mm 25mm
BlackEdition 38 CL/TL 90000円 1429g 28mm 27.5mm
BlackEdition 38 DISC CL/TL 90000円 1563g 38mm 27.5mm
BlackEdition 38 TU TU 90000円 1283g 38mm 25mm
BlackEdition 28 CL/TL 90000円 1395g 28mm 27.5mm
BlackEdition 28 DISC CL/TL 78750円 1529g 28mm 27.5mm
BlackEdition 28 TU TU 90000円 1233g 28mm 25mm

Prime(プライム)ホイール「RR V2」シリーズの特徴

「RR V2」は「BlackEdition」をも凌ぐ圧倒的な安さ

ー「BlackEdition」でも十分に安かった。しかし、それをも凌ぐモデル。
それが「RR V2」シリーズです。

同じコンセプト「50mmハイト」で比較してみると
「Prime BlackEdition 50 カーボンホイールセット」 → 約12万円
「Prime RR-50 V2 カーボンクリンチャーセット」 → 約7万円
※執筆当時

その差は、およそ1/2です。半額ですよ!?
あのあこがれの「50mmハイトカーボンホイール」が、約7万円で手に入るなんて考えられません・・・

気軽にモデルチェンジを繰り返せる、という魅力

リムハイトが高いホイールって、やっぱかっこいいじゃないですか。みんなの憧れですよね。
でもですよ?やっぱ高いんですよね。まじびっくりします。
リムの高さは値段の高さ、なわけです。

まぁ一旦置いといて、じゃあ頑張って買ったとするじゃないですか。
でも、こうも思うわけですよ。

「楽にさかのぼりてぇ」
「軽量化!軽量化!」

たとえカーボンだとしても、リムが高くなればなるだけ重量も上がっていきます。
すると坂では辛くなってくるんですよね。
で、また欲しくなるわけです。高いです。諦め・・・・
なくても、「RR V2」だったら可能なわけです。

高価なブランド物の1セット買う値段で、2セットもしくは3セット買えちゃうんです。
これ、ホビーライダーには超おトクな情報じゃないですか?

その時の「気分」「ライド」「コーデ」で、ホイールを選べるわけです。贅沢。

【スポンサーリンク】
 

「RR V2」の違いは、「ハブ」と「スポーク」と「ベアリング」

「じゃあなんで安いのよ」

意味もなく安くなるわけありませんからね。

「BlackEdition」とのスペックシートの比較でわかるのは、「ハブ」と「スポーク」と「ベアリング」です。

ハブは、「R020」と言われるハブが使用されています。

またスポークは、「Pillr PDB」が使用されています。

などなどこういった点でコストカットしているため、驚異の低価格で販売されています。

「えーじゃあダメじゃん」
と思いますが、参考までにこんなレビューがありました。

wiggle primeホイール レビュー

「非常に反応性が良い」
1000km後には、ホイールセットはまだ滑らかに走っています。それは以前のホイールセットと比べてはるかに応答性があります。グループライドでは、多くの空力を得るでしょう。平均速度約4-5km / hを得る。トレーニングとレース用の非常に良いホイールセット

つまるところ
・応答性能に問題なし!
・速度アップも期待できる(この方は+4-5km/hと言っていますね)
と言ったところでしょうか。

また、ある人は持っていたZIPPホイールと比較して、このように言っていました。

・硬くはないが柔らかくもない(ZIPPに非常に近い)
・重量は感じるが加速が辛いほどではない
・それなりの重量のため、巡行が楽。〜40km/hくらいでの速度帯で走るならZIPPとさほど差があるとは思えない
・45km/hや50km/hで巡行しようと思うと「あれ、ちからの割にスピード出てないな・・」と感じる。やはり超光速域になってくるとZIPPに勝るものなし

どちらも参考にすると、「ホビーライダーにはちょうどよいカーボンホイール」ですね。

ブロガーの「ヒデジ」さんは、「Primホイール」をこんなふうにレビューしています。
>>primeホイール インプレッション | 江戸前ひでじ日和

 

【スポンサーリンク】
 

Prime(プライム)RR V-2ホイールのラインナップ

モデル名 タイヤ種類 価格 重量 リム高 リム幅
RR-50 V2 CL/TL 67500円 1607g 50mm 25mm
RR-50 V2 DISC CL/TL 67500円 1808g 50mm 25mm
RR-38 V2 CL/TL 67500円 1548g 38mm 25mm
RR-38 V2 DISC CL/TL 67500円 1728g 38mm 25mm
RR-28 V2 CL/TL 67500円 1477g 28mm 25mm
RR-28 V2 DISC CL/TL 67500円 1648g 28mm 25mm

【スポンサーリンク】
 

u'uchuならこれにする!おすすめホイール

気軽に憧れの50mmハイトを実現できる「BlackEdition 50」

Wiggleで「Prime - BlackEdition 50 カーボンホイールセット」を見てみる

やはり「50mm」のリムハイトというのは、憧れですよね。

通常であればBORA ONEなどのホイールがよく選択肢にも上がりますが、なかなか高価で手が出ません。

そこで「Prime(プライム)BlackEdition 50」で手軽に試してみるのが良いと思います。

Prime(プライム)シリーズ最軽量モデル「BlackEdition 28」

Wiggleで「Prime - BlackEdition 28 カーボンホイールセット」を見る

ハイリムハイトときたらお次は「軽量ホイール」です。

先程の「Prime(プライム)BlackEdition 50」は、前後で1580gです。
対してこの「Prime(プライム)BlackEdition 28」は、前後で1395gです。

数百グラムの差ですが、回転体は倍の軽量になるのでこの差が大きく効いてきます。
とくに、ストップアンドゴーの街乗りやヒルクライムでは大いに役立つでしょう。

お試し・街乗り用で買うなら!「RR-38 V2 」

Wiggleで「Prime - RR-38 V2 カーボンクリンチャーホイールセット」を見る

街乗りでも軽いホイールに乗りたい!お試しで安く試してみたい!という方におすすめです。

鉄下駄でも良いけどワンランク上を目指すとき、大抵は「ZONDA(ゾンダ)」なんかがよく言われますが、一気に飛躍して「カーボンホイール」なんていかがでしょうか?

最安価モデルなので、「ZONDA(ゾンダ)」にたった2万円追加するだけで憧れのカーボンホイールに乗れちゃいます

【スポンサーリンク】
 

まとめ:Prime(プライム)は、ホビーライダーに優しいコスパ最強カーボンホイールだった

ロードバイクオンラインショップの双璧が、一つになって生み出された新しい「Prime(プライム)ホイール」。

特徴の一つだった「低価格」はそのままに、性能アップと軽量化を果たしています。

昔では考えられなかった値段で、高スペックのカーボンホイールを手に入れる事ができるなんて幸せすぎます。

早速手に入れて明日からのライドで、さらにグレードアップした走りをしてみませんか。

以上、「【完全版】Prime(プライム)ホイール選び方!おすすめはどれ?全27種類を比較してみた!」でした。

気軽に憧れの50mmハイトを実現できる「BlackEdition 50」

Wiggleで「Prime - BlackEdition 50 カーボンホイールセット」を見てみる

関連記事

ロードバイクのブレーキがSORAの人は、今すぐ105以上にアップグレードするべき!!選び方と取り付けの注意点

ロードバイクブレーキ交換方法

ロードバイクのコンポは何を使っていますか?

「SORA」や「Tiagra」でもホビーライドには十分ですが、ブレーキは、命にかかわるところなので最低でも「105」以上にしたほうが良いです。

思いのほか簡単にできるので、是非交換してみてください。

【初心者OK】ロードバイクのスプロケット交換を画像で徹底解説!

初心者でもできるロードバイクのスプロケットの交換方法

速度アップに効果的な「ホイール交換」で必要なスキルになる「スプロケット交換」を、初心者でもできるように【画像】付きで手順を追って解説しました。

”スマホ”の代わりに”サイコン”の選択肢を

lezyne mega xl gps レビュー

普段のライドにサイコンがあると、120%充実したライドになること間違いなしです。
LEZYNE のMEGA GPSサイコンは、コスパ最強なので是非確かめてみてください

ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDで決まりな理由

ロードバイク初心者にはSPDで決まり

ビンディングペダルは、速度アップに有効なアップグレードですが、一口に「ビンディングペダル」と言ってもいくつか種類がある上に、費用も結構高いので失敗したくないですよね?

とはいえ、「ロードバイクなんだから”SPD-SL”でしょ!!」と安易に決めつけると、意外な落とし穴があるかもしれません

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

更にライドを楽しく・快適にするためにオススメな機材/アイテムをまとめました!