ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
画像の説明
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDで決まりな理由とおすすめSPDペダル3選

ロードバイク ビンディングペダル SPD SPD-SL

 

この記事では、「ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDで決まりな理由」をお伝えします。

ロードバイクのペダルをビンディングペダルにしてみようかなと思ったあなた、こんな悩みを抱えていませんか?

「ビンディングペダルにはどんな種類があるの?」
「初心者のビンディングペダルは、”SPD”と”SPD-SL”どっちがおすすめなの?」
「自分のライドスタイルには、”SPD”と”SPD-SL”どっちがおすすめなの?」

一口に「ビンディングペダル」と言ってもいくつか種類がある上に、費用も結構高いので失敗したくないですよね?

とはいえ、「ロードバイクなんだから”SPD-SL”でしょ!!」と安易に決めつけると、意外な落とし穴があるかもしれません。

この記事の内容
  • ビンディングペダルのことがわかる
  • 自分に合ったビンディングペダルがわかる
  • ビンディングペダルにしたくなる欲がますます深まる

では、SPDビンディングペダルにしたその日に、アベレージ速度が+5km/h速くなった体験談から「ロードバイク初心者のビンディングペダルはSPDで決まりな理由」をお伝えします。

YouTubeでレビュー動画を出しました!

>>おすすめのSPDペダル3選を見る

ビンディングペダルとは何か

「ビンディングペダル」とは、専用の靴を履いてロードバイクに乗ることで足がペダルに固定され、その結果様々な恩恵を得られるペダルのことを言います。

ロードバイク以外で例えるなら、スキーのビンディングが想像しやすいですね

ビンディングペダルのメリット

一言で表すなら、「巡航速度のアップ」が期待できます。

  • 秘技「引き足」が使えるようになる
  • 足がずれなくなり最適なペダリングで楽に速く走れる
  • クリック感が自己満足感を満たしてくれる
  • 「足がツッた時」など緊急時のレスキューデバイスになる

秘技「引き足」が使えるようになる

秘技「引き足」は、「ビンディングペダル」の主たるメリットになります。

通常ロードバイクを漕ぐ時は、ペダルを「踏む」「押す」ことでロードバイクに力が伝わり走ることができます。
そこで「ビンディングペダル」にすると、足がペダルに固定されるため、通常の作用に加えて「引く」「回す」事ができるようになります。

すると、単純に考えれば2倍の力でペダルを回すことができるので、速度が自ずと上がるということです。

ちなみに自分は、「ビンディングペダル」にしたその日のライドから巡行速度をプラス5km/h上げることができました

足がずれなくなり最適なペダリングで楽に速く走れる

ロードバイクで走る上で重要なのは、”いかに効率よくペダルを回すか”ということです。
つまり、ペダリングの効率化ですね。

フラットペダルであれば、踏む足の位置・力の入れ方などたくさんのポイントを気をつけなければいけません。

しかし、「ビンディングペダル」にすることで、常に効率の良いポイントで固定されるので、きれいなフォームを保ったまま漕ぎ続けることができます

これもすなわち速度アップに繋がります

クリック感が自己満足感を満たしてくれる

ロードバイクライフは、自己満足の塊です。
よりよりロードバイクライフを送るのであれば、「ビンディングペダル」は最適です。

理由は、”クリック”にあります。
ビンディングペダルは、その構造上”固定”が必要になります。
その際に、”クリック音”と”クリック感(振動)”が発生します。

この”クリック”が異常にたまらなくカッコいいのです。

”なにが?””どのへんが?”とか理屈じゃないのです。

とにかく”カッコいい”のです。

「足がツッた時」など緊急時のレスキューデバイスになる

長距離走ったり、友達と見栄を張って競い合ったりすると、帰り道の坂でいつも足をツります。(笑)

そんなときに、「ビンディングペダルにしておいてよかったー・・・」と思います。

力を入れると足がつるので、「引き足」をうまく使ってペダリングします。
具体的には、無事な方の足で「踏み足」と「引き足」を駆使してペダリングするのです。
こうすることで、足がツルのを一時的に回避することができます

我ながら「どんな使い方だよ」と思いますが、これが意外と使える便利テクなので今度ぜひ試してみてください

あと、私の持っている10年使っているクロスバイクのBBが折れたときも、なんとか片足でペダルをこいで帰宅した経験があります。

【スポンサーリンク】
 

ビンディングペダルのデメリット

  • 導入にお金がかかる
  • 立ちコケのリスクが生まれる
  • 新しい沼にハマるリスクが生まれる

導入にお金がかかる

当然ですが、新しい装備を導入するにはお金が必要です。
一般的にかかる費用は、ビンディングペダル+クリート+ビンディングシューズで1〜2万あれば導入可能です。

でも、1〜2万円程度の投資で速度が「+5km/h」も上がるなら安い買い物だと思います
ホイールとかは、10万とかしますからね・・・

ちなみに”クリート”は、「ビンディングペダル」に付属している場合もあるので、その際は初期費用を抑えられます。

また、”ビンディングペダル”の取り付けをプロショップにお願いする場合は、工賃がかかります。
なので、できるだけ費用を抑えたい場合は、自分でビンディングペダルの取り付けをやることをおすすめします

ビンディングペダルの取り付けには、専用の工具が必要です。
工具を買う際は、一個一個揃えていくとお金がかかるので、工具セットを初めに買うとお得です。

とはいえ、ロードバイクは「かっこいい=高い」なのでどうしてもお金がかかっちゃいますよね。
であればUber Eatsでロードバイクに乗りながらお小遣いを稼ぐと、簡単に資金を作る事ができます。
>>【誰でもできる】スキマ時間でUber Eatsでお小遣い稼ぎ

立ちコケのリスクが生まれる

「立ちコケ」というのは、「ビンディングペダルにしたあるある」で「ビンディングペダル」特有の問題です。

ロードバイクに乗っていて倒れそうになったら、無意識に足が横にスッと出て倒れないようにしますよね?
しかし、「ビンディングペダル」にしていると足が固定されているので、足が出てこれないのです。その結果、為す術もなくその場に倒れて(コケて)しまうことを、立ちコケといいます。

この「立ちコケ」が問題なのは、一つに「めちゃくちゃ恥ずかしい」ということです。

「立ちコケ」発生頻度の高いポイントとしては、交差点などの「停車時」です。

「止まろう」という頭→減速→いつものように足を出す→出ない→「立ちコケ」というプロセスです。

交差点には、車を含めて歩行者もいっぱいいるので、その全員に見られるのです。なにがあったわけでもないのに、急に自転車に乗った大のオトナが倒れるのです。
どうです?めちゃ恥ずかしくないですか?

でも安心してください。
クリートの固定力を低く設定したり、一連の流れを2〜3回練習すればなれるので、大きな問題ではありませんよ

新しい沼にハマるリスクが生まれる

皆さんご存知です。 

ロードバイクは、それ自体が沼であるにもかかわらず、その周辺物品にも沼が存在します。
例えば、サドル沼・ハンドル沼・ヘルメット沼・アイウェア沼・輪行袋沼などなど基本的にはすべてのものに沼が存在します。

「ビンディングペダル」にも”沼”が存在するため、うかつに入り込むとあっという間に飲み込まれ財布の中身を取られてしまいます。

【スポンサーリンク】
 

ビンディングペダルの種類

SPD-SL-軽量に作られたロードバイク向けビンディングペダル-

特徴
  • クリートは大型で樹脂製
  • 大型なので力の伝達が良い
  • 片面のみの設計で軽量
  • 素材に軽量素材が使える
  • クリートが大きいため、歩行には不向き

「SPD-SL」のクリートは、三角はんぺんみたいな形をしており、専用の靴裏に外付けするイメージです。

”ロードバイク”向けに作られており、「歩く<走る」に重きをおいています
プロで使用されるのはこのタイプで、見た目はレーシーに作られておりとても軽量にできています

しかし、構造上歩く際はクリートが突起物となりじゃまになるので、歩きにくい上にすぐに削れてダメになります
歩く様子は、もっぱらペンギンさながらです。

「ロードバイクに"乗ること"がメインな人」や「レース時」におすすめです。

SPD-アクテビティにも耐えられるマウンテンバイク(MTB)向けビンディングペダル-

特徴
  • クリートは小型で金属製
  • 金属製のため頑丈
  • 両面タイプのため”面”を調節する必要がない
  • 泥つまりがしにくい
  • クリートがトレッド(靴の溝)の中にあるので歩きやすく・滑りにくい

「SPD」のクリートは、クローバ様の形をしており、専用の靴裏の溝に埋め込む形で付きます。

もともと”マウンテンバイク(MTB)”用に作られたため比較的歩きやすく、見た目も運動靴やカジュアルなものが多く販売されています

”ガチなのはちょっと・・・”
”ロードバイクには乗るけど、ちょっと歩きまわったりしたい”
といった「ポタリング」「散歩」「旅行」などにおすすめです。

ただし、クリートが金属でできているので「SPD-SL」と比べると重量があります。
しかし、その分頑丈にできているので、クリートを買い換える頻度は低いです。

【スポンサーリンク】
 

ロードバイク初心者はSPDペダルで決まりな理由

SPDがおすすめな理由
  1. フラットペダルと兼用できる
  2. SPDは歩くのに適している
  3. 普段着に合わせやすい靴が多い

フラットペダルと兼用できる

いくら「ビンディングペダル」にしたいと思っていても、すぐにずっと「ビンディングペダル」にするのは不安がありますよね。
例えば、「今日は運動靴で行きたい」「ライドだけじゃなくて普段も使いたい」など

そんな人のためにSPDペダルには、「片面SPD片面フラットペダル」になっているものがあります。

なので、ちょっとしたポタリング・散歩など「今日はフラットペダルにしようかなー」という風に簡単に選ぶことが可能です。
これが「SPD-SL」だと、変えようと思う度に”ペダルごと”変えなくてはいけません

SPDは歩くのに適している

構造上「SPD-SL」には、底面にクリートという突起物が「出っ張って」着いています。
その都合上歩行の際は、つま先を常に挙げた状態で歩かなければいけません。いわゆるペンギン歩きですね。

さらに、クリートのせいで滑り止めが無いため、ちょっとした滑りやすい場面で容易に滑ります。

某コンビニや某餃子屋などは、ツルツルです。

その反面、「SPD」は「トレッド(靴の溝)の中」にクリートがあるので、歩行の際に当たることは少ないです。そしてトレッドがあるので、当然滑り止めも効きます。

「ロードバイクに乗ること」だけが目的じゃない「ポタリング」や「観光」がメインの際は、特に非常に重宝します

普段着に合わせやすい靴が多い

ロードバイクに乗るときの服装と言えば「サイクルジャージ」ですが、乗り始めたばかりだと、普段着や普通のジャージで乗ることも少なくありません

そんな時ガチな見た目の「SPD-SL」だと、浮いてしまうのは想像しやすいですね。

それに対して「SPD」はもともと”マウンテンバイク(MTB)用”という点と”突起物がない”という見た目上の特徴から、メーカーも普段着に合うおしゃれな見た目のビンディングシューズを出しています

オススメのSPDペダル3選

  1. 一番はじめのSPDペダルにおすすめ:PD-EH500
  2. ワンランク上の快適性がおすすめ:PD-E500
  3. よりロードバイクライクなSPDがおすすめ:PD-ES600

【SPD】一番はじめのSPDペダルにおすすめ:PD-EH500

特徴
  • 重量:383g
  • 「SPD+フラットペダル」の面違いで併用が可能
  • 取り付ける際に面を確認する必要がある

「ビンディングペダル」の「固定」と「フラットペダル」の「利便性」を、どちらも取り入れたいいとこ取りのビンディングペダルです。

普段は普通のシューズで気楽にライド。しっかりキメたいときは、「ビンディングシューズ」で「SPD」!

そんな使い分けが簡単にできる「SPD」ペダルです。

「履きなれていない初心者」や「ポタリングや観光メイン」のサイクリストにオススメです。

【両面SPD】ワンランク上の快適性がおすすめ:PD-ED500

特徴
  • 重量:450g
  • 幅広のコンタクトエリアで安定感抜群
  • 「ライトアクション」で弱い力でも着脱可能
  • 両面SPDで面確認の煩雑さが解消
  • 重量が重め

両面がSPDになったことで、装着の際に一々面を確認する必要がなくなりました。

また、「ライトアクション」と呼ばれる構造で着脱にかける力が少なくても良くなり、初心者でもコツが不要!

コンタクトエリアを大きくとり、また素材に剛性の高い素材を使用することで、力のロスを防ぎ効率よくペダルを回せます

ちなみに、「重量をもっと落として、軽量かつコンタクトエリアの大きいSPDがほしい!」という場合は、「PD-M9120」がオススメです

よりロードバイクライクなSPDがおすすめ:PD-ES600

特徴
  • 重量:279g
  • シリーズ最軽量のフラッグシップモデル
  • グレードは「アルテグラ」
  • ペダルとシューズの接地面を広げパワー効率を拡大
  • 「SPD-SL」ライクな見た目
  • 片面のため着脱の際に面を確認する必要がある

ペダル周りの接地面積を大きく取ることで、SPDペダル特有のパワーロスを低減できます。

また、研ぎ澄まされた設計により「アルテグラ」の名に恥じぬ、シリーズ最軽量(※279g)を実現しました。

研ぎ澄まされた結果、「SPD-SL」ライクな見た目になり、ロードバイクと掛け合わせても違和感のない仕上がりです。

【スポンサーリンク】
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらの理由から、初心者にはSPDペダルがおすすめなのです。

ロードバイク初心者は、ベテランライダーにも勝る「ワクワク感」に満ち溢れており、「色々なところに行きたい!」という探究心に燃えています

その気持ちを、せっかく手に入れたビンディングペダルのせいで削がれないよう、あくまでもビンディングペダルのメリットだけを受け取って楽しいロードバイクライフを送ってください。

ビンディングペダルを導入すると、ロードバイクはより一層楽しいものになります。
しかし、沢山の種類があるので自分にどれが合っているのか心配になりますよね。

今回の記事を参考に、自分にあったビンディングペダルを探してみてください。

関連記事

ロードバイクの服装が気になる!オススメの服装をアイテム別に紹介するよ

ロードバイクのオススメの服装をアイテム別に紹介

スーツを着てランニングをしないように、服装というのは、その時のTPOに合わせた格好をするのがベストです。
専用に作られている「サイクルジャージ」を着れば、今よりも「快適」に「速く」「お尻の痛み」からも開放され、質の良いライドができるようになります。

ロードバイクのブレーキがSORAの人は、今すぐ105以上にアップグレードするべき!!選び方と取り付けの注意点

ロードバイクブレーキ交換方法

ロードバイクのコンポは何を使っていますか?

「SORA」や「Tiagra」でもホビーライドには十分ですが、ブレーキは、命にかかわるところなので最低でも「105」以上にしたほうが良いです。

思いのほか簡単にできるので、是非交換してみてください。

【完全版】Prime(プライム)ホイール選び方!おすすめはどれ?全27種類を比較してみた!

PRIME ホイール

ホイール交換は、ロードバイクの速度アップに一番効果のある投資です。

とはいえ、良いホイールになると10万円代など非常に高価でなかなか手が出ませんよね。
大手ロードバイク通販サイト「Wiggle」のプライベートブランド「Prime」のホイールなら、高性能な50mmハイトカーボンホイールが約7万円で手に入ります。

この記事さえ読めば自分の買いたいPrime(プライム)ホイールが100%わかる!

今日から始めるロードバイク初心者向けまとめ

今日から始めるロードバイク初心者向けまとめ新しく「ロードバイクの世界」に足を踏み込んだものの、

「何をしていいかわからない」

と、誰しもが思うことでしょう。
本講座では、流れに沿って初心者が安全にロードバイクの世界に入れるよう、手助けしていきます。

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

更にライドを楽しく・快適にするためにオススメな機材/アイテムをまとめました!