ロードバイク

【R250 ライドポーチ レビュー】進化し続けるサイクルポーチを徹底解剖長所・短所は?

【R250 ライドポーチ レビュー】進化し続けるサイクルポーチを徹底解剖長所・短所は?

どうもこんにちは!u’uchu(@uuchu_space)です!

ロードバイクでサイクリング中、意外と収納に困るのが『財布やスマートフォン』などの小物

サイクルジャージのバックポケットに入れると、汗でビショビショになってしまいますよね

そこで『サイクルポーチ』と呼ばれるサイクリング用財布があると、その悩みをスッキリ解決できちゃいます。

今回は、ロードバイク小物用品で有名な『R250』のサイクルポーチ」をレビューしていきます。

R250 ライドポーチの外観をチェック

  • R250 ライドポーチを正面から見てみる
  • R250 ライドポーチのサイズ感を確認してみる
  • R250 ライドポーチを実際に手に持ってみる

R250 ライドポーチを詳しく見てみる

R250 ライドポーチを正面から見てみる

グレーのカラーリングのファブリック素材で構成されたボディは、ザラザラとツルツルが混じった独特の感触です。

随所にこだわられた防水対策が光る

汗はもちろんのこと突然の雨にも対応できるよう、随所にこだわりの防水加工がされています。

まず、全体的に独自の防水加工がされており、”面”での浸水を防げます。

そして、縫製は行わず圧着処理で布同士をくっつけているので、隙間から水がらないようになっています。

R250のファスナーは止水ファスナー

また、ファスナーの部分は特にこだわりが見えます。

ファスナー自体に「止水ファスナー」と呼ばれるモノを使用しているので、ギザギザの隙間からの浸水をぐっと減らすことができます。

その反面ジッパーの動きは若干カタめ。
とはいえ、動きが詰まるというわけではなく「止水が効いている」イメージ?

ファスナーの端は、構造上どうしても隙間ができがちで、防水には困るところ。

写真にも見えるように、端っこにポケット状のカバーがあり極力水が入らないようになっています。

防水とは関係ありませんが、ファスナーを開けるためのストラップには大きめのリングが標準で用意されており、ウィンターグローブなどの操作性が落ちる環境でもラクに開けられそうです。

R250 ライドポーチのサイズ感を確認してみる

R250 ライドポーチのサイズ感を確認してみる

R250 ライドポーチのサイズは、公式発表で以下の通り。

  • 横幅✕厚み✕高さ:100x25x190mm
  • 重量:105g

iPhone7と比べてみると、完全にすっぽり入ります。
試してはいませんが、iPhone Plusでもすっぽり入りそうです。

 

R250 サイクルポーチの重量

重量の実測値は「104g」でした。
見事な誤差内ですね。

R250 ライドポーチを実際に手に持ってみる

R250 ライドポーチを実際に手に持ってみる

実際に手に持って見ると写真の様な感じです。

成人男性の標準的な手でがっしりと広げて持てる大きさ。
ギリギリサイクルジャージのバックポケットに入るぐらいです。

R250ライドポーチの中身を見てみる

GORIX(ゴリックス) サイクルポーチの中身を見てみる

今回のR250 ライドポーチは、完全に開ききるタイプではなく、長財布のように途中まで開くタイプ。

完全に開くタイプだと収納はラクですが、細かいものとかがこぼれ落ちる事があるので、個人的にはコチラのほうが好みです。

▼完全オープン型もあります。

GORIX(ゴリックス) サイクルポーチの片側はチャック付き

内側の一方は「チャック付きのポケット」と、「チャックなしのポケット」があります。

「チャック付きのポケット」は、小銭などの小物入れにピッタリですね。

「チャックなしのポケット」にはカラビナ付きストラップがある

「チャックなしのポケット」の方には、カラビナ付きのストラップがあり、カギなどを止めておくことができます。

ただ、このストラップは結構短めなので、もうすこし長いと使いやすいですね。

反対側はカード入れになっていて、4枚のカードとお札を入れておくところがあります。

R250の中しきり

真ん中のスペースは、広めに設けられていてスマホやサイコンなんかも収納できそうです。

R250 ライドポーチを実際に使用してみた感想

実際の収納具合

R250 ライドポーチにカードを収納

実際にカード入れにカードを入れてみました。

4枚だと、クレジットカード・キャッシュカード・免許証などでしょうか?

サイズもぴったりで、出し入れもスムーズです。

R250 ライドポーチにお札を入れてみた

お札と小銭を入れてみました。

サイズも使い勝手も普段使用している様な長財布と遜色ありませんね。

R250 ライドポーチにサイコンとライトを入れてみた

内側には、サイコンとフロントライトを入れてみました。

▼入れたサイコンは「wahoo ELEMNT ROAM」です。

もちろん出し入れに問題もありません。

これであれば、パンクツールなどの工具入れにも良さそうです。

ライドで使用した感想

今回複数回のライドで使用してみました。

まず、感想としては『小物の持ち運びが楽になった』ことです。

今まで、サイクルジャージの「バックポケット最強説」の名のもとに色んなものを入れていました。

そんな中で気になっていたのが、ライド中の落下やズレです。

大きめのモノであればなくなれば感触でわかりますが、カギなんかの小物だとどうしても気づきにくい

また、小物同士がずれて背中をゴワゴワするのも気になっていました。
集中できませんし、擦れて傷つきそうですしね。

これらの問題を、一つのライドポーチに入れてまとめてみると以外と『使い勝手が向上』しました。

確かに小物をスッとワンタッチで出せなくなったのはマイナスですが、バックポケットをゴソゴソするのと、ライドポーチをサッと出しジャッパーを開けてスッと出すのではそんなに煩わしさは増えません

逆に目当てのものが目視で見れる分ストレスなく出し入れできます。

次に、『立ち寄った先でのスムーズさ』です。

私は良く温泉に立ち寄るのですが、ロードバイクを降りた後小物をバックポケットに収納したままだと、脱ぐのも大変ですし小物がポロポロ落ちるんですよね。

それをライドポーチにまとめると、ライドポーチだけ持てばいいのでだいぶストレスが無くなります。

気になった点といえば、中のカラビナの紐が短く使い勝手が悪かったことですかね。

コンセプトとしては非常に優れていて用途はたくさんあるのですが、個体差なのか短すぎて取り出すのもやっとでした。

もう少し長めだと使いやすいかな?と思います。

R250 ライドポーチレビューのまとめ

ロードバイクのライド中の「小物の取り扱い」と「汗濡れ」を解消する「サイクルポーチ」ですが、その便利さはきっと伝わったと思います。

今回は、ロードバイクの便利小物で有名なR250から発売されているのライドポーチをレビューしました。

▼こんな人におすすめです。

  1. 財布や小物などを持ち運ぶサイクリスト
  2. 目的地観光など立ち寄ることが多いサイクリスト
ABOUT ME
ゆう
ゆう
仕事も趣味もどっちも楽しむ今を生きる「医療系サイクリスト」ブロガー。 関東を活動拠点として休日は、まるで徘徊老人のごとく「ロードバイク」で県内を徘徊する日々を過ごす。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です