ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
画像の説明
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

快適なロードバイクライフを送るために必要な予算は〇〇円だ!

ロードバイクの予算

 

初めてのロードバイクの購入予算が知りたい人

初めてのロードバイクの購入予算が知りたい人
ロードバイクを初めたいけど、いくらくらい掛かるのかな? 予想がつかないから大体のロードバイク購入予算を教えてください

どうもこんにちは!u'uchu(@uuchu_space)です!

ロードバイク初心者講座」今回は、「初めてのロードバイクの購入予算」についてです。

この記事の内容
  • ロードバイクを始めるには13万円必要です
  • 予算の内約は、「本体代」+「周辺物品代」です

ロードバイクに乗り始めるまでは、「ロードバイクを買ったら終わりでしょ?」と、思いがちですが、実際に始めると「本体」とは別に、諸々の「周辺物品」が必要になります

ただでさえ「ロードバイク」は高価なので、「周辺物品」なんかにお金をかけたくはありませんが、絶対に必要な「周辺物品」もあります。

正しく予算組をして、快適なロードバイクライフを送りましょう。

ロードバイクの本体代金の目安

まずはじめに「ロードバイクの本体代金」の話をしたいと思います。
ロードバイクの価格帯としては、以下のような区分があります。

  1. 10万円以下 ・・・ ルック車
  2. 10−20万円 ・・・ エントリーグレード
  3. 20−30万円 ・・・ミドルグレード
  4. 30万円以上 ・・・ハイエンドグレード

表を見ていただくとわかるように、ロードバイクの本体代金は10万円代の幅で費用がかかります

私は、初めてのロードバイクは「10−20万円 ・・・ エントリーグレード」帯をオススメしています

ちなみに、なぜこれだけ価格が違うのか?というと、ロードバイクの素材とコンポ・各種パーツが異なるからです。
それぞれの価格帯ごとに簡単に特徴をまとめてみたので、参考にしてください。

10万円-20万円:エントリーグレード

「10万円-20万円:エントリーグレード」のロードバイクの特徴は、こんな感じです。

メーカーとしても「初心者用ロードバイク」として力を入れている価格帯です。

  1. 初心者が最も手を出しやすい価格
  2. 初心者が乗りやすい形状が多い
  3. 拡張性が比較的高い
  4. 個の個性が出にくい

初心者が最も手を出しやすい価格

ロードバイクの価格帯の中で、最も手を出しやすい価格がこの「10万円-20万円」の価格帯になります。

「10万円」という金額は、比較的無理なく捻出できる金額ですし、趣味を始める際にかかることの多い金額です。

とは言えはじめから「10-20万円」というのは、結構ハードル高いですよね。
であれば、Uber Eatsをしながらロードバイクを使ってアルバイトをすればコスト"0"で乗れちゃいます
>>【誰でもできる】趣味のロードバイクで稼ぐ方法

初心者が乗りやすい形状が多い

ロードバイクは、ママチャリと異なり「前傾姿勢」を保ったまま乗車します。

一見ドシッと構えているママチャリの乗車姿勢のほうが、走りやすそうですが、「速く走る」ためにはこの「前傾姿勢」が最も効率良く走ることができるのです。

しかし、この「前傾姿勢」は「速く走れる」かわりに「疲労しやすい」「初めは恐怖感が有る」などデメリットもあります。

乗っているうちにやがて体が慣れて来るのですが、とはいっても辛いのは嫌ですよね。

このような「前傾姿勢」からくるデメリットを軽減するために、「10万円-20万円:エントリーグレード」のロードバイクは、フレームの形状が工夫されています

専門用語になってしまうのですが、「ジオメトリー(フレームの設計)」が「アップライト(上体が起きる)」な乗車姿勢を取りやすく設計されています

そのため、まだ乗り慣れていないロードバイク初心者には、乗りやすく作られているロードバイクが良いですね。

拡張性が比較的高い

ここで言う「拡張性」というのは、「ロードバイクとしての」というよりかは「アクティビティとしての」という意味になります

一般的にロードバイクというのは、価格が上がれば上がるほどプロ仕様のモデルに近づくため、より”速く走る”ことに着眼して設計されています。
そのため、”余分な設計”は削ぎ落とされていきます。

対して「10万円-20万円:エントリーグレード」のロードバイクは、「初心者に楽しんでもらうためのロードバイク」であるので、「アクティビティ」に着眼して設計されています

例えば、「ロードバイクでキャンプに行きたい」と言った要望を叶えるためには「キャリア(荷台)」を付けたほうが、より楽しめるようになります。

しかし、走ることに着眼して作られたプロ仕様のロードバイクは、取り付けるための設備を備えていません。

対して「10万円-20万円:エントリーグレード」のロードバイクは、荷台を付ける設備があるので、取り付けることができます
※メーカー・シリーズなどの個体によって変わります。

「どうやってロードバイクを楽しむか?」が定まっていない初心者は、選択肢が広いほうが永く楽しむことができます。

個の個性が出にくい

良く初心者の方からこんな質問を受けます。

エントリークラスでオススメのロードバイクを教えてください!

結論から言うと「エントリークラスでオススメはありません」

これはどういうことか、というとエントリークラスの価格帯だと、素材などでの違いは出にくいため、どのメーカーも似たり寄ったりになってしまうからです。

それが良くもあり悪くもあるので、個性が出にくいと言えます。

そのため、エントリークラスの価格帯のベストな選び方は、「直感と見た目」です。

【スポンサーリンク】
 

20−30万円 ・・・ミドルグレード

「20−30万円 ・・・ミドルグレード」のロードバイクの特徴は、こんな感じです。

  1. 形や色など選択肢が増える
  2. フレームごとの違いが出てくる
  3. パーツのグレードが上がってくる
  4. 初めに買うにはハードルが高い

20-30万円の価格帯から選択肢が広がります

「20−30万円 ・・・ミドルグレード」のロードバイクになると、ターゲットは中級者になり、レーシーな作りのロードバイクが増えてきます

中級者ともなると知識が蓄えられ、食指も肥えてきますのでメーカーも工夫を凝らしてきます。

例えば、「20−30万円 ・・・ミドルグレード」のロードバイクから「カーボンロードバイク」や「エアロロードバイク」がラインナップとして入ります。

今はカーボンロードバイク全盛期で、プロロードレースでは猫も杓子もカーボンロードバイクです。
そこに憧れを持つのは、なにも上級者だけではなく中級者も同じです。

プロ仕様のカーボンよりもグレードの下がったカーボンを使用することで、低価格でありながらもプロと同じカーボンロードバイクに乗ることができます

また、カーボンが素材として使えるようになったので「エアロロードバイク」が作れるようになります

エアロロードバイクは、スプリントバイクの代名詞ともなってきている形状で、速さの象徴とも取れます。

まるで飛行機の羽のような車体で空気を切り裂く感覚は、鳥になったかのような気持ちになります

一方初心者的には少しハードルが高い

憧れを安価に叶えてくれる一方で、初心者が初めのロードバイクとして選ぶには少しハードルが高いです。

それは単純に「価格が高い」からという理由だけではありません。

ロードバイクとしての扱いに慣れていない段階で高価なロードバイクを持つと、「盗難の可能性がグッと上がる」のと「カーボンを破損してしまう恐れがある」からです。

30万円以上 ・・・ハイエンドグレード

30万円以上 ・・・ハイエンドグレードのロードバイクの特徴は、こんな感じです。

  1. 各メーカーの特色が出てくる
  2. フレーム単体での購入もできるようになる
  3. プロも使うようなフレームも選択肢に入ってくる

プロのマシンを体験できる

30万円以上 ・・・ハイエンドグレードのロードバイクくらいになると、プロも使用するようなマシンにも手が届くようになります

そのため、各社しのぎを削って生み出される最高峰のロードバイクにのることもできます。

また、このくらいの価格から「フレーム売り」という売り方もでてきます

「フレーム売り」とは、普段自転車屋で売っているパーツの付いている「完成車」とは異なり、”フレームだけ”売る方法です。

様々な利点がありますが、自分好みにカスタマイズしやすいのが一番の特徴です。

プロマシンを自分好みにカスタマイズできるのは、この価格帯の特権です。

10万円以下:クロスバイクの選択肢もアリ

最後に10万円以下のロードバイクですが、この価格帯ですと本来の「ロードバイク」というものは存在しません
ロードバイク界隈では、「ルック車」と揶揄され「ちょっといいママチャリ」くらいの性能です。

「できるだけ価格は抑えたい」という意見はわかりますが、ロードバイクを趣味として始めるのであればもう少し頑張って「10万円代」のものを購入するようにしましょう

とは言っても、無い袖は触れませんし、お小遣い制や学生などではハードルが高いのも最もです。
であれば、クロスバイクからはじめるのもアリだと思います

クロスバイクであれば5万円代からちゃんとしたものが手に入ります。

周辺物品の目安

最後に「周辺物品」の話です。

「周辺物品」とは、ロードバイク本体以外に、ロードバイクに乗るために最低限必要なもののことです。
「絶対に必要なもの」から「安全上必要なもの」や「快適に乗るためのもの」などがあります。

詳細は他の記事にまとめますが、「絶対に必要なもの」と「安全上必要なもの」は、必ず揃える必要があります

物品によって価格も変わり、より安いものを購入してコストを抑えれば「2−3万円」ほどの費用で揃えることができます。

まとめ:ロードバイクを始めるための予算は最低13万円必要

一口に「ロードバイクを始める」といっても、かかる費用は「本体代」だけではなく「周辺物品代」もかかることがわかったかと思います。

また、本体もモデルによって価格が異なり、どれを選択するかで予算が大きく変わってきます。

もっとも費用を抑えるのであれば、「10−20万円代」のエントリークラスのロードバイクをおすすめします。

以上、「快適なロードバイクライフを送るために必要な予算は〇〇円だ!」でした。

次回は、「初めてのロードバイクの選び方」を紹介をします!

関連記事

今日から始めるロードバイク初心者向けまとめ

今日から始めるロードバイク初心者向けまとめ新しく「ロードバイクの世界」に足を踏み込んだものの、

「何をしていいかわからない」

と、誰しもが思うことでしょう。
本講座では、流れに沿って初心者が安全にロードバイクの世界に入れるよう、手助けしていきます。