コラム・考察 PR

お尻の痛みにさよなら!ロードバイク初心者が知っておきたいポイント

butt_hurts
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
お尻の痛みに悩む人
お尻の痛みに悩む人
ロードバイクに乗るとお尻が痛くなるよ・・・つらすぎるので、解決方法を教えて!

ロードバイクに乗っていると、お尻が痛くなってしまうという悩みを持つ人は多いでしょう。

お尻が痛くなる原因は何なのでしょうか?また、お尻の痛みを解消する方法はあるのでしょうか?

この記事では、ロードバイクに乗るとお尻が痛くなる原因と、痛みを解消するために試してほしい7つの方法を紹介します。

これらの方法を実践すれば、お尻が痛くならない快適なロードバイクライフを送ることができるでしょう。

この記事の内容
  • ロードバイクに乗るとお尻が痛くなる原因を解説
  • お尻の痛みを解消するための解決方法を紹介
created by Rinker
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥5,537
(2024/02/29 15:03:09時点 Amazon調べ-詳細)

\ロードバイクの盗難車両保険って知ってる?/

大事な愛車が盗まれたらとても悲しいですよね?

そんな時にロードバイクの盗難車両保険に入っていたら安心です。

 

『新車・中古車どんな自転車でもOK』

『本体だけじゃない!パーツも対象!』

\盗まれて涙する前に!/

ロードバイクに乗るとお尻が痛くなる原因

ロードバイクに乗るとお尻が痛くなる原因は、大きく分けて以下の3つに分類できます。

  • サドルとの相性
  • 乗り方やポジション
  • 体力や筋力

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

サドルとの相性

ロードバイクに使われているサドルは、一般的に細くて硬いものが多いです。

これは、走行効率や空気抵抗を減らすために必要な形状ですが、その分、お尻にかかる圧力や摩擦が大きくなってしまいます。

また、サドルには形や素材、硬さや幅など様々な種類があります。

人によってお尻の形や座骨の幅も違いますから、サドルとの相性も個人差があるのです。

つまり、自分に合わないサドルを使っていると、どうしてもお尻が痛くなりやすくなります。

乗り方やポジション

ロードバイクに乗る時は、ハンドル(手)、サドル(お尻)、ペダル(足)の3点で体重を支えます。

この3点のうち、どこに体重をかけるかは、乗り方やポジションによって変わってきます。

乗り方とは、ペダリングやダンシングなどの走行技術のことを指します。

そしてポジションとは、サドルやハンドルの高さや角度、位置などの設定のことです。

乗り方やポジションが適切でないと、サドルに体重が集中してしまい、お尻に負担がかかります。

体力や筋力

ロードバイクに乗る時は、お尻だけでなく全身の筋肉を使います。

特に下半身の筋力は重要で、ペダルを回す力や体重を支える力は、主に足や腰の筋肉から生まれます。

しかし、初心者や長期間乗っていない人は、必要な筋肉が十分に発達していません。

そのため、長時間や長距離を走ると筋肉が疲労してしまいます。

筋肉が弱ってくると、サドルへの体重移動が上手くできなくなります。すると、お尻に圧力がかかったままになります。

痛みを解消する方法

お尻が痛くなる原因を知ったところで、次は痛みを解消する方法を紹介します。

以下の7つの方法を試してみてください。

  • サイクルパンツを履く
  • 快適なサドルポジションを見つける
  • 車道を走る
  • 体重を3点に分散させる
  • 適度にダンシングを挟む
  • サドルからお尻を下ろす
  • お尻の筋肉を鍛える

サイクルパンツを履く

ロードバイクに乗る時は、サイクルパンツというお尻にパッドが入った専用のウェアを履くとお尻の痛みが和らぎます

これは、サドルとお尻の間にクッションを作ることで、圧力や摩擦を軽減する効果があります。

サイクルパンツは、ロードバイクを快適に乗るための必須アイテムです。

もしまだ履いていない人がいれば、ぜひ購入してください。

ただし、安物のサイクルパンツはパッドの質や形が悪く、効果が薄い場合があります。

できれば、一流メーカーのサイクルパンツを選ぶと良いでしょう。

とはいえ、サイクルパンツはピチピチなフォルムなので抵抗がある人も多いでしょう。

インナーパンツ」という下着なら、普段履くようなズボンの下に履けるので目立たずお尻の痛みを軽減できます。

created by Rinker
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥5,537
(2024/02/29 15:03:09時点 Amazon調べ-詳細)

inner_pans
ロードバイクの快適性を高めるインナーパンツの重要性とおすすめブランド5つ ロードバイクに乗るときに欠かせないアイテムのひとつが、インナーパンツです。 インナーパンツは、サドルとの摩擦や衝撃を軽減す...

快適なサドルポジションを見つける

ロードバイクに乗る時は、サドルの高さや角度、位置などの設定が重要です。

これらが適切でないと、お尻に不必要な圧力や摩擦がかかります。

快適なサドルポジションを見つけることで、お尻の負担を減らすことができます。

サドルポジションの基本の設定方法は以下の通りです。

  • 高さ:ペダルの一番下の位置で、足の裏が地面とほぼ水平になるように調整します。
  • 角度:サドルの前後を水平にするのが基本です。
  • 位置:肘をサドルの先端に当て、大きく開いた指先がハンドルバーに触れるか触れないかくらいが目安です。

サドルポジションは、自分で調整することもできますが、一度専門店で測定してもらうことをおすすめします。

自分に合ったサドルポジションを見つけることで、お尻だけでなく全身の快適さも向上します。

車道を走る

ロードバイクに乗る時は、基本的に車道を走りましょう。

歩道は道の状態が悪く、デコボコや段差が多いです。

これらが振動となってお尻に伝わります。また、歩道ではスピードが出せないため、ペダルに体重をかけられません。すると、サドルに体重が集中してしまい痛みの原因になってしまいます。

車道は歩道よりも道の状態が良く、振動が少ないです。

また、スピードが出せるため、ペダルに体重をかけやすくなります。

これらがお尻の負担を減らす効果があります。もちろん、車道で走る時は交通ルールやマナーを守りましょう

体重を3点に分散させる

ロードバイクに乗る時は、ハンドル(手)、サドル(お尻)、ペダル(足)の3点で体重を支えます。

この3点のバランスが大切です。どこかに体重が偏ってしまうと、その部分に負担がかかり痛みの原因になります。

お尻に負担をかけないためには、体重を3点に分散させることが必要です。

具体的には、以下のようなことに注意しましょう。

  • ハンドルは握りすぎない。手首や肘を曲げて柔らかくする。
  • サドルはしっかり座る。お尻を前後や左右に動かさない。
  • ペダルは力強く回す。足首や膝を曲げて柔らかくする。

これらのことを意識することで、体重を3点に分散させることができます。

すると、お尻にかかる圧力や摩擦が減ります。

適度にダンシングを挟む

ロードバイクに乗る時は、シッティングとダンシングという2種類の走行技術を使います。

シッティングは、サドルに座ったままペダルを回すことです。

ダンシングは、サドルから立ち上がってペダルを踏むことです。

シッティングは効率的ですが、長時間続けるとお尻が痛くなりやすくなります。

ダンシングは疲れやすいですが、お尻から圧力を解放する効果があります。

このシッティングとダンシングを適度に切り替えることで、お尻の痛みを予防することができます。

平地であまり負荷のかからない時にもこまめに緩めのダンシングを挟むようにしましょう。

サドルからお尻を下ろす

信号待ちなどでは、極力サドルからお尻を下ろすようにしましょう。

サドルからお尻を下ろすことで、お尻の血流を改善する効果があります。

お尻の血流が悪くなると、痛みやしびれを感じやすくなるためです。

また、ついでにお尻以外の部分もストレッチしたりマッサージしたりすることで、筋肉の緊張をほぐすこともおすすめです。

お尻の筋肉を鍛える

ロードバイクに乗る時は、お尻の筋肉も使います。

特に座骨筋というお尻の奥にある筋肉は、サドルと直接接触する部分です。

この筋肉が発達していれば、サドルへの圧力や摩擦に耐えられます。

実は、お尻の筋肉を鍛える方法は簡単です。ロードバイクに乗り続ければ自然と鍛えられます笑。

ただし、最初は無理せずに距離や時間を調整しましょう。徐々に慣らしていけば、お尻の筋肉も強くなってきます。

まとめ

ロードバイクに乗るとお尻が痛くなるのは、サドルとの相性、乗り方やポジション、体力や筋力などが原因です。

この記事では、痛みを解消するために試してほしい7つの方法を紹介しました。

これらの方法を実践すれば、お尻が痛くならない快適なロードバイクライフを送ることができるでしょう。

ぜひ試してみてください。それでは、良いライドを!

created by Rinker
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥5,537
(2024/02/29 15:03:09時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ゆう
仕事も趣味もどっちも楽しむ今を生きる「医療系サイクリスト」ブロガー。 関東を活動拠点として休日は、まるで徘徊老人のごとく「ロードバイク」で県内を徘徊する日々を過ごす。

\ロードバイクの盗難車両保険って知ってる?/

大事な愛車が盗まれたらとても悲しいですよね?

そんな時にロードバイクの盗難車両保険に入っていたら安心です。

 

『新車・中古車どんな自転車でもOK』

『本体だけじゃない!パーツも対象!』

\盗まれて涙する前に!/

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です