ロードバイク

【R250 ツールケース スリムロングタイプ インプレ】何でも入ってコンパクトに収納できる!

【R250 ツールケース スリムロングタイプ インプレ】何でも入ってコンパクトに収納できる!

 

どうもこんにちは!u’uchu(@uuchu_space)です!

ロードバイクでのライド中に、いろいろなものを持っていくと思いますが、パンクツールなどの小物はどんな方法で持ち運んでいますか?

特に有名なのは『ツールケース』に入れて持ち運ぶ方法です。

この『ツールケース』一般的なものは、瓶のように蓋のついているプラスティック製のもの。

しかし、瓶状ゆえに一度入れたのちに物を取り出すと全部出さないといけないのが欠点でした。

今回は、今までのツールケースの欠点を打ち消す『R250のスリムロングタイプ ツールケース』をレビューしていきます。

R250 スリムロングタイプ ツールケースの外観をチェック

R250 スリムロングタイプ ツールケースを正面から見てみた

R250 スリムロングタイプ ツールケースを正面から見てみる

まずは、R250のスリムロングタイプ ツールケースを正面から見てみましょう。

見た目はいたって普通のツールケースで、半分より上(2/3位の位置)にくびれがあります。

材質はザラザラとした合成繊維でありながらつるつるした質感で、スポーティーな印象を受けます。

素材:1680Dポリエステルオックス

ハウジングの骨組みは、硬質なものが使用されておりそうカンタンにへたらなそうな印象を受けました。

かなり硬いプラスチックでしょうか。

R250 スリムロングタイプ ボトルケージのジャッパー

ジッパーには、操作のしやすいよう大きめのストラップが取り付けられており、グローブをした状態でも開け閉めしやすいです。

また、ジッパー自体もスルスルと滑るような感触でストレスを感じさせない質感です。

走行中に地味に気になる「ジッパーのぶらぶら」ですが、側面に縫い付けられているゴムバンドに挟むことでブラブラするのを防いでくれます

R250 スリムロングタイプ ツールケースの中身とサイズ感を見てみる

R250 スリムロングタイプ ツールケースの中身
R250 スリムロングタイプ ツールケースの中身のサイズ

最も重要なR250のスリムロングタイプ ツールケースの中のサイズですが、以下のようになっています。

  • 外寸:225mm x 70mm
  • 内寸:220mm × 65mm
    ※内寸は実測です。
  • 重量:118g

気になる内寸は、上記の通りです。

メーカーが最大の特徴として歌っている「長さ215mmまでのミニポンプが収納可能」というのは、正しいようです。

内装は、画像向かって右側はメッシュ生地が全体にはられているポケット状になっていて開けても中身が出てこないようになっています。

対して左側は、半分だけのメッシュポケットになっていて収納したものが取り出しやすくなっています。

R250 スリムロングタイプ ツールケースのサイズ比較

R250 スリムロングタイプ ツールケースのサイズ比較

R250 ツールケース スリムロングタイプの、おおよそのサイズを身近な物と比較してみました。

真ん中はよくあるツールケースで、シマノの500円くらいのツールケースです。

ロードバイクに乗り始めた頃から使用しているもので、重宝していたのですが奥に入っているものが取り出しづらいのが欠点でした。

右側は少し古い機種のiPhone7です。
最も身近なものですので、おおよそのサイズ感はコチラと比較するとよく分かると思います。

【インプレ】R250 ツールケース スリムロングタイプを実際に使用してみた

実際に収納してみた

R250 ツールケース スリムロングタイプに実際に収納してみる

実際に普段シマノのツールケースにいれているものを、R250のスリムロングタイプ ツールケースにそっくり入れてみました。

普段持ち歩いているパンク修理キット
  1. 交換用チューブ
  2. タイヤレバー
  3. Co2インフレーター兼ミニ工具
  4. Co2ボンベ×2
  5. モバイルバッテリー
  6. Lightningケーブル

実際にこれだけのものを収納してみましたが、まだ余裕がありそうです。

入れる物の種類や入れ方によっては、かなりの収納力が見込めそうですね。

実際に使用してみた感想

実際に使用してみた感想ですが、内容量はかなり大きく色々なものが収納できそうです。

例えばもともとツールケースに入れていたパンク修理キットはもとより、キー(鍵)やちょっとした補給食なども入れられて、バックポケットに入れるものも節約できました。

しかし、この商品の最も大きなメリットは、1つのものだけ取り出せること

ツールケースは、中の物を取り出そうとすると全部バラバラと取り出さなくてはいけませんでしたが、R250 ツールケース は、取り出したいものだけをサッと取り出せます

また、ライドでの使用では、ツルツルとした表面加工のおかげでボトルケージへの出し入れもスムーズです。

防水と言うわけではありませんが、このツルツルとした加工のおかげか多少の雨水程度なら防いでくれるので普段のライドには丁度いいと思います。

まとめ

ロードバイクのライド中に、必ず必要な「パンク修理キット」の持ち運びは筒状の『ツールケース』が一般的でした。

しかし、一度中に入れてしまうと取り出すときに全部出てしまうのが手間ですよね。

真ん中で開くことのできるR250のスリムロングタイプ ツールケースは、必要なものを一つずつ取り出すことができるのでとても便利です。

メリット

  • ミニポンプも入る便利な大きさ
  • ものを取り出すときにバラバラ散らばらない
  • ちょっとした雨や汗にも耐えられる簡易防水
2019-09-30

【R250 トライフォールド ミニワレット レビュー】ロードバイクの軽量化を目指すなら財布を見直せ!

ライド中の財布って扱いに困りますよね

かさばるし意外と重い・・・

そんなとき「ロードバイク用ミニサイフ」があれば軽っと解決です。

Read More

2019-09-16

【ゴリックス サイクルポーチ レビュー】シックな仕上がりで年齢を選ばないサイクル用財布

ロードバイクで財布などを持ち歩くとき、直にバックポケットなどにいれてしまうと、汗でビショビショになっていまいますよね。

そんなときに、この『ポーチ』があればびしょびしょにならずに済みますよ。

Read More

2019-10-05

【R250 ライトブラケット レビュー】コスパ◎ハンドル周りがスッキリするライトマウント

あなたのロードバイクのハンドル周りは、「サイコン」や「ライト」「スマホ」などでごちゃごちゃしていませんか?

段々と増えていくデバイスで埋め尽くされるのは、現代のあるあるとも言えるでしょう。

とはいえ、ごちゃごちゃのハンドル周りじゃ”スタイリッシュなロードバイク”にはなれません。

そんな『ハンドル周りのごちゃごちゃ』を解決するかもしれない【R250のライトブラケット】をレビューしていきます。

Read More

2019-01-28

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

速く快適に走れるロードバイクに、もう1つアイテムを加えることで更にワンランク上のライドができるようになります

Read More

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です