ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
CATEYEのおすすめスピードケイデンスセンサー
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
ロードバイクのブレーキは今すぐ105以上に交換するべき!!選び方と交換方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

猛暑到来!夏のロードバイク通勤でも快適に過ごす服装紹介!

真夏のロードバイク通勤の服装

 

猛暑の中ロードバイク通勤する人

猛暑の中ロードバイク通勤する人
ついにこの季節がやってきたか・・・夏!
夏は暑くてロードバイク通勤は過酷だな・・・
せめて快適に通勤できる服装があればな・・・

どうもこんにちは!u'uchu(@uuchu_space)です!

ついにやって来ちゃいました【夏】
子供のときは待ち遠しかった「夏」も、大人になると気が重くなりますよね。

特にロードバイク通勤している方は、とにかく過酷!
ただでさえロードバイク通勤は服装選びが難しいのに・・・もうどうしたら良いの!

今回は、【夏のロードバイク通勤でも快適に過ごす服装】を紹介します!

夏の通勤服のパターン

POINT

夏を乗り切るには、【機能性】が一番重要!!

夏のロードバイクで、何が一番つらいかと言ったら当然「暑さ」
つまり、大量に「汗」をかくわけです。

その汗は、「不快さ」だけではなく「汗冷え」や「異臭」を放ち自分も周囲にも影響を与えてしまうのです。

そこで、【機能性】を重視した服装を心がけることで、自分も周囲も快適に過ごすことができるのです。

  1. 「サイクルジャケット」+「サイクルスラックス」
  2. イケてるサイクリストを演じる「サイクルジャケット」+「クロップドパンツ」
  3. 「Tジャージ」+「クロップドパンツ」

「服装」も大事だけど「暑さ対策」もしっかりしよう!

通勤サイクリスト待望の「サイクルスーツ」が快適!

ロードバイク用サイクルスーツ

どこからどう見ても普通のスーツ

>>サイクルジャージジャケット|Tokyo Wheels

【サイクルジャケット】の特徴
  • サイクルジャージと同じ素材で汗をかいても快適
  • ストレッチ性に優れているから体周りがラク
  • タイトでピッタリした設計で野暮ったく見えない
  • もちろん”ウォッシャブル!”(選択可)
  • 価格が強気設定

サイクリストであれば、いかに「サイクルジャージ」が快適で最も【機能性】に優れた服装か知っているはず。

しかし、日本の会社であの服装を許可してくれる会社なんていくつあるでしょうか。
ましてや、スーツ以外の服装での通勤を許さない会社もあるのではないでしょうか?

とはいえ、スーツでのロードバイク通勤は辛いですよね。それが夏とあればなおさら。

であれば、サイクリスト歓喜の「サイクルスーツ」なんてオススメですよ。

素材はまさに「サイクルジャージ」

サイクルスーツの素材

サイクルジャージと同じ「ストレッチメッシュ」で通気性・機能性抜群

【素材】
表地:ポリエステル90%、ポリウレタン10%

スーツがロードバイクに適さない理由の一つは、「動きにくい」からです。

スーツは、その性質上「パリッ」としている方がキレイに見えるため、硬めの生地を使用しています。
そのため前傾姿勢の強いロードバイクでは、ペダリング時は窮屈に感じてしまいます。

「サイクルジャージジャケット」は、サイクルジャージと同じ素材でできているため、ストレッチ性に優れ「ダンシングをしてもOK!」というスグレモノです。

とはいえ、スポーツ生地特有の「テカリ」や「ゆるゆる」感はスーツをダサく見せてしまうマイナスポイントです。

しかし、「テカりにくい素材」を使用し、「ややタイトめに成形」しているため普通のスーツと違和感なく見せる事ができます

>>サイクルジャージジャケット|Tokyo Wheels

快適なスラックスできました

サイクル特化のスラックス

動きやすく快適なパンツ

>>スリムストレッチベンチレーションパンツ|Tokyo Wheels

【スリムストレッチベンチレーションパンツ】の特徴
  • 見た目は、ほぼ「普通」
  • 「ベンチレーション機能」でスラックスのムレとおさらば
  • 自転車を想定しているから「テカテカ」になりづらい
  • お尻まわりがゆったり設計だから漕ぎやすい
  • 「ベンチレーション」用のチャックが目立つかも?

「ジャケット」ときたら「スラックス」ですよね。
スーツスタイルでは、必須のアイテムです。

「上は暑いけど、下は別に普通のでもいいかな・・・」と、思うかもしれません。

通常の「スラックス」は、ご存知の通り”運動”することを想定していません。
ましてや「ロードバイク」のためにお尻まわりに気を使って制作されていないので、数々の問題が出ます

  1. そもそも窮屈過ぎる
  2. ムレがすごい
  3. すぐテッカテカになる

「スリムストレッチベンチレーションパンツ」は、これらの問題をすべてを解決しています。

お尻周りに余裕が有るから漕ぎやすい

スリムストレッチベンチレーションパンツはゆったり

「お尻周り」は”ゆったり” 「膝から下」は”スマート”に

「どうしても”普通の服”だと漕ぎづらい」
その理由は、お尻周りにあります。

”普通の服”は、スタイルを良く見せるためにお尻周りがピッタリにできています。
そのせいで「ロードバイク」で乗る際は、窮屈に感じるのです。

「スリムストレッチベンチレーションパンツ」は、お尻周りをゆったりに設計し「ロードバイク」に乗っても窮屈に感じにくいように設計してあります。

しかし、ゆったりと設計すると”野暮ったく”見えます。

そこで、「ウェスト周りを調整」し「膝より下をテーパー加工(先細り)」にすることで、ゆったりしても”野暮ったく見えない”設計になっています。

「ベンチレーション機能」でスラックスのムレとおさらば

ベンチレーション機能
ベンチレーションチャック
太ももの「ベンチレーション機能」でムレ知らず

「スラックス」で問題なのは、”ムレ”

一般的に合成繊維でできており、裏生地も通気性の悪い素材を使用しているので「ムレがすごい」です。
学生時代の制服がそうではなかったですか?

太ももあたりにある「ベンチレーション機能」で、そのムレをスッキリ解消できます。

通勤中は「ベンチレーションチャックを開け」、出社したら「ベンチレーションチャックを閉め」ればできるオトナに早変わりですね。

専用【クロップドパンツ】で「カジュアル」でも「スマート」「快適」

ロードバイク用クロップドパンツ

”ドレス”な「ジャケット」に”カジュアル”な「クロップドパンツ」はイケメン

>>リネンライク風流ショートパンツ|Tokyo Wheels

特徴
  • 通気性の良い「ポリエステル」100%使用でムレない!
  • ダメージの多い”座面”は、生地2重構造で丈夫!
  • 太ももの”カーゴポケット”で収納上手

「ちょっとだけカジュアルでも大丈夫だよ!」という職場には、「ジャケット」+「クロップドパンツ」なんていかがでしょうか?

上下スーツだと暑苦しいし、ロードバイクとアンマッチです。

おしゃれの基本は、「ドレス」と「カジュアル」のバランスなので「ジャケット」+「クロップドパンツ」の組み合わせは最高に相性がいいです。

それに、私服としても使用できるので一石二鳥ですよね。

麻のような見た目 でも「高性能繊維」なんです

リネンライク風流ショートパンツ

涼しげなテクスチャーが心も涼しく

カラーは「黒」と「ネイビー」があり、特に「ネイビー」は【麻のようなテクスチャー】になっており、涼し気な印象を受けます

しかし、実は「高性能繊維」のポリエステルでできているので、隙間から空気が入ってきて汗ばむ肌を”急速換気”してくれます。

傷つきやすい座面は安心の「2重構造」で耐久性抜群!

リネンライク風流ショートパンツ

擦れやすい座面も安心

ロードバイクでは常にサドルに座っているので、通常よりも「座面」へのダメージが蓄積しやすいです。

「リネンライク風流ショートパンツ」の座面は、サイクルパンツと同じように2重構造になっているのでダメージがつきにくいです。

太ももの”カーゴポケット”で収納上手

リネンライク風流ショートパンツのカーゴポケット

かさばりがちな財布やスマホもカンタンに収納可能

 ロードバイク通勤で困るのは、財布やスマホなどの小物ですよね。

カバンにしまってもいいですけど、ちょっと触りたいときなんかに気軽に出せないのが残念です。

太ももにある「カーゴポケット」に小物を入れておけば、サイクルジャージのように「バックポケット」がない私服でもカンタンに取り出すことができます。

「Tジャージ」って知ってる?ただの「Tシャツ」じゃないんです。

ライトウェイトベンチレーションTシャツ【Elso】

新感覚「Tジャージ」は、「Tシャツ」と「サイクルジャージ」のイイトコどり

>>ライトウェイトベンチレーションTシャツ【Elso】|TOKYO Wheels

「サイクルジャージはだめだけど、全然カジュアルな格好で大丈夫だよ!」という職場なら「Tジャージ」がオススメです。

普通の「Tシャツ」と何が違うのか、というと一言で言えば「Tシャツとサイクルジャージのイイトコどりシャツ」です。

特徴
  • 気軽に着れる
  • ベンチレーションで背中がムレない
  • 超便利な「バックポケット」付き
  • サイクルジャージ並の価格設定

「ベンチレーション機能」で背中ムレない

ライトウェイトベンチレーションTシャツのベンチレーション表
ライトウェイトベンチレーションTシャツのベンチレーション裏
背中の「ベンチレーション機能」で背中ムレ防止

気軽に切れて涼しい「Tシャツ」でも、唯一の弱点は「背中ムレ」です。

特にカバンを背負ったままだと、風の流れが無くなって背中は汗だくに・・・

しかし、「ベンチレーション機能」があれば空気の流れが常に、確保できるので快適で涼しい

待望の「バックポケット」付き!それだけで即ポチ

ライトウェイトベンチレーションTシャツのバックポケット

バックポケットさえあればサイクリストは幸せです

何かと便利な「バックポケット」

通勤中とはいえ、意外と使う機会のある小物たち。
スマホ・財布・鍵・ハンカチ・・・

それらを一々カバンから取り出すのは、意外と手間ですよね。
普通のポケットに入れたら、漕ぎにくいし・・・

バックポケットがあったら、片手で入れて片手で取り出せます!

まとめ:イケてるサイクリストなら夏でもクールに通勤しようぜ!

ついにやってきた【夏】!!
ただでさえ暑くて大変なのに、ロードバイク通勤なんて過酷!

そんな悩みを解決できる「夏のロードバイク通勤にオススメな服装」を紹介しました。

ちょっとだけ価格が高いですが、どれも高機能で快適に過ごせること間違いなし!

さらに、ロードバイクでの使用を想定しているので耐久性は心配無用です。
2〜3年スパンで考えたら、決して高くは無い投資なんじゃないでしょうか?

以上「夏のロードバイク通勤でも快適に過ごす服装」でした!

関連記事

Copyright - ゆう-u'uchu-, 2019 All Rights Reserved.