ロードバイク

【おたふく手袋 フェイスマスク JW-125 レビュー】運動中でも使用できるのか?使用感を報告します

【おたふく手袋 フェイスマスク JW-125 レビュー】運動中でも使用できるのか?使用感を報告します

過ごしやすかった秋の季節は過ぎ、段々と肌寒くなってきました。

執筆時は既に1月になり、関東とはいえ外に出るだけでも呼吸が苦しくなるほど寒い毎日が続きます。

ロードバイクでライド中も、乗り始めは極寒。首周りの冷えは、かなり辛くなってきました。

そこでそんな悩みを解決するために、【おたふく手袋 フェイスマスク JW-125 】を購入してみました。

私個人の使用感をレビューします!

created by Rinker
おたふく手袋(OTAFUKU GLOVE)
¥1,400
(2020/04/03 06:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

フェイスマスクJW-125の外観をチェック

まずは、フェイスマスク JW-125の外観や質感をチェックしてみましょう。

フェイスマスク JW-125の外観前面と後面で生地が異なり、全面には防風素材を使用

画像の右側が前面で、左側が後面でそれぞれ異なった生地が使用されているのがわかります。

フェイスマスク JW-125の前面

前面には、前から来た風が侵入してこないようポリウレタンコーティングによる「防風ラミネート」が施されています。

フェイスマスク JW-125の防風ラミネート遠目ではわからないが、近づいてよく見てみるとキラキラとコーティングされているのがわかる

「防風ラミネート」の裏側は、肌触りがよく保温性の高い「レイズドファブリック」と呼ばれるレーヨン素材で裏打ちされています。

マイクロビーズのクッションの生地のように、なめらかでもちもちとしたさわり心地で、非常に心地よいです。

フェイスマスク JW-125のレイズドファブリック

また、喉元を覆うように前面のみ長めに生地が作成されています。

ロードバイクでは、前傾姿勢で喉元の伸展により襟元が開きやすく、通常のネックウォーマーなどでは風が侵入しがちでした。

このように、前面が長めにカットされていると風をシャットアウト出来てロードバイク乗りにとっては嬉しいポイントですね。

フェイスマスク JW-125は喉元まで生地が来ている

フェイスマスク JW-125の後面

フェイスマスク JW-125の後面は通常のフリース生地

フェイスマスク JW-125の後面は、一般的なネックウォーマーなどに使用されているフリース生地のような質感です。

フェイスマスク JW-125は顔の形に合うよう「マスク」状になっている

フェイスマスク JW-125は顔に合うよう形成されている不気味なほど精巧に作られている・・・

フェイスマスク JW-125の最大の特徴は、「フェイスマスク」という名前の通り顔の形状に合うように作成されています。

特に鼻元は、まるでそこに鼻があるかのように型どられています

さすが手袋メーカーですね。型どおりに生地を作るのが上手です。

顔の形に合うことで、密閉性が高まり防寒性能やズレ落ち防止が期待できます。

上面に中通ししてあるゴムで、更にフィット感を追求できそうです。

フェイスマスク JW-125の固定ゴム

フェイスマスク JW-125の実際の使用感レビュー

以降は、実際にフェイスマスク JW-125を秋後半〜冬真っ只中で使用した感想をお伝えします。

保温性能・防寒性能は全く申し分なかった

実際に使用した環境では、首元・顔元に巻いた瞬間から外気をシャットアウトすることが出来ており、十分に暖かさを感じる事ができました

走行中も、「防風ラミネート」によって風の侵入はほぼ無く、前傾姿勢からくる首元の風もしっかりシャットアウト出来ました。

顔へのフィット感は抜群に良かった。でもゴーグルは曇る

特徴的だったマスク形状のおかげか、抜群に顔にフィットして鼻元から頬骨までしっかり覆うことが出来ました。

一般的なネックウォーマーだと、鼻との隙間から意外と風が入ってくるんですよね・・・

フィット感に期待して「サングラスも曇らないんじゃない?」という思惑を抱いていたのですが、やはり停車中はサングラスが曇りますね。

もちろん走行中は曇りませんが、流石に布生地ですので曇りは防げませんでした。

鼻の型取りは良かった。しかし裏生地が邪魔をして呼吸は出来ない

精巧に制作された「鼻元」でしたが、裏生地のレイズドファブリックが邪魔をして呼吸はまず出来ません

フェイスマスク JW-125の口元

口に当たる部分は布ゴム生地が使用され通気孔を用意していたのでしょうが、裏生地に使用されていたレイズドファブリックが、息を吸うたびにピラピラと鼻の穴に蓋をして息なんて吸えません

コレではせっかくの鼻形が活かせず、鼻マスクをせざるを得ません・・・
冬場は冷気で鼻の中が痛くなるんですよね・・・

【スポンサーリンク】


まとめ:普段使いや運動負荷の低い用途では良し

秋口から真冬を使用して、レビューしました。

使用感はまずまずといった感じで、普段使いや運動負荷の低い環境では十分な働きをしてくれると思います。

しかし、ロードバイクやジョギングといった運動負荷の強い環境では、鼻元を覆うような使用方法は難しいと思ったほうが良さそうです。

created by Rinker
おたふく手袋(OTAFUKU GLOVE)
¥1,400
(2020/04/03 06:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ゆう
ゆう
仕事も趣味もどっちも楽しむ今を生きる「医療系サイクリスト」ブロガー。 関東を活動拠点として休日は、まるで徘徊老人のごとく「ロードバイク」で県内を徘徊する日々を過ごす。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です