ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
CATEYEのおすすめスピードケイデンスセンサー
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
ロードバイクのブレーキは今すぐ105以上に交換するべき!!選び方と交換方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

【R250 トライフォールド ミニワレット レビュー】ロードバイクの軽量化を目指すなら財布を見直せ!

【R250 トライフォールド ミニワレット レビュー】軽量を目指すサイクリストならキャッシュレスでしょ!

 

どうもこんにちは!ミニマサイクリストを目指すu'uchu(@uuchu_space)です!

サイクリストなら誰でも『軽量化』を求めますよね?

プロともなれば、たった”1g”の差にウン万円をかけるほど・・・

とはいえ、一般ホリデーサイクリストの我々はカンタンにお金をかけられません。

貧乏人はロードバイクを楽しめないってことかよ・・・

待ってください。”身の回りのアノ小物”ならカンタンにコスパよく軽量化できちゃいますよ。

小物の『軽量化』はお金がかからない

早速結論ですが、必ずライドのときに持っていく『財布』を軽量化するのがオススメです。

ロードバイクでのライドで最低限持っていくものって、なんですか?

  1. スマホ
  2. 財布

この2つは絶対に欠かせないですよね。

そんな中『財布』って結構重いんです。

”小銭”がジャラジャラ入っていたり、いろんなカードが入っていたり、レシートが入っていたり・・・

かなり不要な物が入って、結構重くなっている人も多いんじゃないでしょうか?

ちなみに私の財布は、「約250g」ありました・・・

たかが「250g」ですが、カーボンパーツでこの重さを計量しようとしたらいくら掛かるでしょうか。

ロードバイク用の『財布』を作れば、カンタンに軽量化できちゃいますね。

R250 トライフォールド ミニワレットは、軽量でコンパクトな上コスパ最強なのでオススメです。

R250 トライフォールド ミニワレットの外観をチェック

R250 トライフォールド ミニワレットを正面から見てみる

R250 トライフォールド ミニワレットの正面

R250 トライフォールド ミニワレットの正面は、かなりカジュアルなデザインをしており、ロードバイクのようなスポーツにもマッチしそうです。

シックなカラーに加え、三角形を模した刺繍がされておりシンプルながらもデザイン性のある見た目になっています。

綴じ金は、シンプルにボタンタイプ。パチっと止めることができるので、知らない間にこぼれ落ちることもありません。

R250 トライフォールド ミニワレットを開いて見てみる

R250 トライフォールド ミニワレットを開いた様子

R250 トライフォールド ミニワレットを開いて裏返した様子

R250 トライフォールド ミニワレットは、名前の「トライフォールド」の通り「3つ折り」構造です。

長財布とは異なり、最終的にコンパクトに折り畳めるので収納スペースの限られるサイクリストには非常にオススメできる形状だと思います。

R250 トライフォールド ミニワレットのサイズをチェック

R250 トライフォールド ミニワレットのサイズを見てみる

R250 トライフォールド ミニワレットの閉じたときのサイズ

R250 トライフォールド ミニワレットを開けたときのサイズ

R250 トライフォールド ミニワレットのサイズは、以下のようになっています。

  • 閉:70x98mm
  • 開:210x98mm

>>R250 トライフォールド ミニワレット アーガイル リップストップ ブラック|World Cycle

R250 トライフォールド ミニワレットの実際のサイズ感

R250 トライフォールド ミニワレットを手のひらに乗せてみた

R250 トライフォールド ミニワレットを持ってみた

R250 トライフォールド ミニワレットを手に持ってみると、そのコンパクトさがよくわかります。

手のひらにスッポリと収まる様子は、まさに『名刺入れ』と同じくらい。

コレを使用する多くのサイクリストは、サイクルジャージのバックポケットに入れることが多いでしょうから、コンパクトな設計は非常に助かります

R250 トライフォールド ミニワレットの重量は?

R250 トライフォールド ミニワレットの重量

今回の目玉とも言えるR250 トライフォールド ミニワレットの重量ですが、実測値で『約19g』でした。
※個体によって差はあります。

仮に「約250g」の財布と比較すると、「約230g」軽量化できたことになります。

R250 トライフォールド ミニワレットを財布として使ってみた

R250 トライフォールド ミニワレットは財布として使えるか?

R250 トライフォールド ミニワレットに実際にお金を入れてみました。

  1. お札
  2. 小銭
  3. カード×2

最近はどのコンビニでも電子マネーや〇〇ペイなどのキャッシュレス決済ができるようになりましたが、自販機や施設の売店などでは使用できないこともしばしば

そんなときでも対応できるよう、少量の小銭やお札は持っておきたいです。

R250 トライフォールド ミニワレットは、最低限の収納力は持ち合わせています。

カードもクレジットカードとデビットカードなどがあれば万全ですよね。

ちなみにクレジットカードを持ち運ぶなら、「楽天カード」などの電子マネーに対応しているものを使用するとラクラク決済できるのでオススメです。
>>楽天カード新規入会キャンペーン

まとめ:R250 トライフォールド ミニワレットは買いか?

ロードバイクの『軽量化』 は、すべてのサイクリストが注目しています。

とはいえ、『軽量化』には非常に高価なパーツが必要になりカンタンではありません。

そんなときは必ず持ち歩く「小物」から軽量化すると、誰でもコスパよく軽量化出来ます。

R250 トライフォールド ミニワレット】のようなコンパクトで軽量な財布がオススメです。

以上【R250 トライフォールド ミニワレット レビュー】ロードバイクの軽量化を目指すなら財布を見直せ!でした。

2019-09-22

【R250 ツールケース レビュー】ミニポンプもそのまま収納できる!

ライドのときに必ず持ち運ぶ「パンク修理ツール」

その持ち運びには『ツールケース』が便利ですが、”カン”だと使い勝手が悪いです。

そんな数々の悩みを叶えたツールケースです。

Read More
2019-10-05

【R250 ライトブラケット レビュー】コスパ◎ハンドル周りがスッキリするライトマウント

あなたのロードバイクのハンドル周りは、「サイコン」や「ライト」「スマホ」などでごちゃごちゃしていませんか?

段々と増えていくデバイスで埋め尽くされるのは、現代のあるあるとも言えるでしょう。

とはいえ、ごちゃごちゃのハンドル周りじゃ”スタイリッシュなロードバイク”にはなれません。

そんな『ハンドル周りのごちゃごちゃ』を解決するかもしれない【R250のライトブラケット】をレビューしていきます。

Read More
2019-01-28

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

速く快適に走れるロードバイクに、もう1つアイテムを加えることで更にワンランク上のライドができるようになります

Read More