ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
画像の説明
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

ブレーキシューに新品のようなブレーキングを蘇らせる方法

f:id:uuchu:20180703200633p:plain

 

今回は、「新品のようなブレーキングを蘇らせる、ブレーキシューのメンテンス」方法です。

フレームやパーツのメンテナンスは、よくやるという方は多いですが、「ブレーキシュー」のメンテナンスまでやっている方は少ないのではないでしょうか。

「ブレーキシュー」は、使っていく度にすり減り・磨かれ段々と効きが悪くなっていきます。
実は、「ブレーキシュー」もメンテナンスをしてあげることで長い間ブレーキングを保つことができます。

この記事の内容

ブレーキシューをメンテナンスして新品のような効きを蘇らせる

初めは解説ですので、メンテナンスの仕方を知りたい方はこちらから

 

ロードバイクのブレーキの仕組み

そもそもロードバイクは、どのようにして止まるのか。

ロードバイクのブレーキは、主にリムブレーキと言われるものが使われています。

このリムブレーキは、ホイールの「リム」と呼ばれる部分を「ブレーキシュー」というゴムが先端についた「ブレーキキャリパー」で挟み込み、その「摩擦」によって回転しているホイールの動きを妨げることでブレーキがかかります。

ブレーキに関わる因子

  1. ブレーキレバーの剛性
  2. ブレーキキャリパーの剛性
  3. ブレーキワイヤーの剛性
  4. ブレーキシューの性能
  5. リムの性能

ざっとこのくらいでしょうか。

この1と2は、コンポーネントのグレードに依存します。
コンポーネントが変わると何が変わるか?というと、一つに”剛性が上がる”ことが挙げられます。

簡単に言うと、”硬いキャリパーで挟む”のと、”柔らかいキャリパーで挟む”のではどちらのほうがより制動力が高いかは、当然”硬いキャリパーの方”ですよね。

そのため、よく言われるのは、最低でも105以上のグレードであったほうが安心です。

3は、ブレーキワイヤーのグレードに関わります。

一口にブレーキワイヤーと言えど、実はいくつかの種類(グレード)に分かれています。
今回は詳しく挙げませんが、おすすめは「PTFEコーティングケーブル」です。

※一部対象外のコンポーネントがあるので、取付は注意してください。

 

一つ飛ばして5は、ブレーキを受ける方のホイール側の問題です。

ホイールには、”アルミ”と”カーボン”があり基本的には”アルミ”のほうがブレーキの効きが良いです。
ちなみに、一部のホイールは、リムに特殊な加工(プラズマ電解酸化処理など)が施されており、高い制動力を得ることが出来ます。

例えば、「カンパニョーロ」の「シャマルミレ」がそうです。

 

最後に4ですが、今回の本題「ブレーキシュー」の話です。

「ブレーキシュー」にもいくつか種類と使い分けがあります。

 

まずは、SHIMANOから出ているブレーキシュー。
ブレーキキャリパーに対応しているシューの中から、選ぶことが出来ます。
例えば、共通/カーボン用などありますが、基本的に105以上で”アルミホイール”であれば「R55C4」で大丈夫でしょう。

 

もう一つは、ホイールメーカーなどから出ているブレーキシュー。

例えば、先程出てきた「カンパニョーロ」の「シャマルミレ」は、リムに「プラズマ電解酸化処理」が施されており、高い制動力を得ることが出来ます。
しかし、その高い制動力を得るためには、専用のシューが必要になります。

【スポンサーリンク】
 

メンテナンスの種類

リム側のメンテナンスには「ラバー砥石」

ブレーキシューは、摩擦熱でたびたび溶けたりしてリムにこびりつくことがあります。すると、それによってリムの表面にゴムのコーティングが出来たのと同じになり、ブレーキが効きづらくなります。

 

その際は、”リム用のヤスリ”や”砂消し”で研いであげると、ブレーキの効きと新品の光沢を取り戻すことが出来ます。

しかし、それは同時にリムを削り寿命を縮めることでもあるので、行う際は頻度や程度に注意して行ってください。

また、カーボンホイールなど一部のホイールは使用できないので注意が必要です。

ブレーキシューのメンテナンスは紙やすりで!

ブレーキシューは使用のたびにを表面を摩擦で磨かれ、つるつるになってきます。

そうすると、抵抗がなくなりブレーキが効きづらくなります。

効きが悪くなってきたら、粗めの紙やすりで研いであげましょう。

 

また、ブレーキングなどでリムから削り出されたアルミがシューに刺さり、今度はそれがリムにダメージを与えることがあります。

その際は、ピンセットなどで刺さった物を除去してください。

 

いざメンテナンス!

ここからが今回メインの「メンテナンス」方法です。

 

用意するのは、

  • アーレンキー
  • #320 耐水紙やすり

です。
紙やすりは、もう少し粗くてもいいかもしれません。

f:id:uuchu:20180703200038p:plain

まずは、アーレンキーを使用してブレーキキャリパーからブレーキシューを取り外します。

 

次に、適当な大きさに加工した紙やすりを地面など平らなところに置き、ブレーキシューを軽く押し付けるようにして研いでいきます。

ポイントは、研ぐ場所が偏ったりムラができないように、なるべく平らに研ぐことです。

 

Before

f:id:uuchu:20180703200229p:plain

不自然に横溝が入り、磨かれて光沢が出てきているのがわかります。

また、削れたシューのカスが溝に溜まっています。

After

f:id:uuchu:20180703200633p:plain

無駄な横溝が消え、光沢もなくなりました。

表面がザラザラしていて、いかにもブレーキが効きそうです。

さいごに

実際は5分せずに終わりますので、洗車の際などに一緒にやると良いです。

以上「新品のようなブレーキングを蘇らせる、ブレーキシューのメンテンス」方法でした。

関連記事

ロードバイクのメンテンス工具はこれ一個で全部OK

BIKEHAND TOOLBOX レビュー

工具をまだ持っていない方は、ツールボックスを買うのがおすすめです。

これ一つで今後のロードバイクのメンテナンスがほぼすべてできます。

ロードバイクのブレーキがSORAの人は、今すぐ105以上にアップグレードするべき!!選び方と取り付けの注意点

ロードバイクブレーキ交換方法

ロードバイクのコンポは何を使っていますか?

「SORA」や「Tiagra」でもホビーライドには十分ですが、ブレーキは、命にかかわるところなので最低でも「105」以上にしたほうが良いです。

思いのほか簡単にできるので、是非交換してみてください。

【初心者OK】ロードバイクのスプロケット交換を画像で徹底解説!

初心者でもできるロードバイクのスプロケットの交換方法

速度アップに効果的な「ホイール交換」で必要なスキルになる「スプロケット交換」を、初心者でもできるように【画像】付きで手順を追って解説しました。

初心者でもできるロードバイクメンテナンス方法まとめ

初心者でもできるロードバイクメンテナンス方法まとめロードバイクは、定期的なメンテナンスが必要です。

自転車屋さんに任せるのもいいですが、自分でもできるようになると更にロードバイクが楽しいものになりますよ!

また、いざというときのトラブル対応ができるようになります。