ゆとり生活

画像の説明
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
lezyne mega xl gps review
画像の説明
画像の説明
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
ロードバイク節約術
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説

【スポンサーリンク】

【Uber Eats × ロードバイク】金欠ライダー必見!好きなことで稼ぐ方法【ウーバーイーツ】

【uber eats × 副業】週末ライダー必見!趣味のロードバイクで稼ぐ方法

 

副業でお小遣いを稼ぎたいサイクリスト

副業でお小遣いを稼ぎたいサイクリスト

月収少なくて月末になるといつもピンチ・・・
もう”数万円給料が高かったら”生活が楽になるのにな・・・
趣味のロードバイクで稼げる一石二鳥な話ないかなぁ・・・

物価や税金は毎年のように上がるのに、給料は全く上がらないどころか、働き方改革で逆に給料が下がっちゃった・・・

と、いうそこのあなた。

その気持ちよくわかります。

「あとちょっとだけ。数万円あればもっと生活が楽になるのに!」

って、思いますよね。

「節約ももうギリギリまで切り詰めてるから限界・・・」

節約に徹するのもいいですが、”ロードバイクに乗っている”なら収入を増やすほうが簡単かもしれません。

「そんな簡単に増えるわけない!」
「”ロードバイクで”なんてそんなうまい話あるわけない!」

ですが、「Uber eats(ウーバーイーツ)」ならそれが可能かもしれませんよ?
本気でやれば、副業としてプラス10万円も夢ではないかも

この記事の内容
  • 今話題の「Uber Eats(ウーバーイーツ)」ってなに?仕組みは?いくら稼げるの?
  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」がサイクリストにオススメなわけ
  • ロードバイクで配達するときに気をつけること

では「【Uber Eats × ロードバイク】金欠ライダー必見!好きなことで稼ぐ方法【ウーバーイーツ】」を紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ってなに?

POINT

専用アプリを通じて「料理」を配達する「デリバリーサービス」のこと

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」って何?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、一言で言えば「料理」を配達する「デリバリーサービス」のことです。

一般的なイメージでは、お寿司やピザの配達を想像してもらうとわかりやすいです。

最近町中で「緑色の四角いリュック」を背負った自転車乗りを見かけたことは、ありませんか?

もし見かけたとすればそれが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

依頼された商品を依頼主へ届けて配達終了
  • 配達の流れ
  • 給料形態

配達の流れ

今度は、実際の配達の流れを見ていきます。

  1. 依頼者が「料理」を注文する。
  2. アプリ経由で”配達員”に通知が来る。
  3. ”配達員”が、お店まで取りに行く。
  4. ”配達員”が、依頼主へ「料理」を配達する。 

このように、仕組み自体もすごく簡単にできています。
RPGゲームで言うところの「お使いクエスト」ですね!

給料形態

POINT

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、時給制ではなく「完全出来高制」です。

最も気になる「給料」のお話ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は、「完全出来高制」になっています。

つまり、「やればやるほど儲かるシステム」ということです。
すごく怪しく聞こえますが、これはれっきとした一般的なシステムなのでご安心を笑

次に実際の「単価」ですが、「東京エリア」での条件はこんな感じです。

  1. お店で商品を受け取る → 300円
  2. 依頼主に「料理」を届ける → 170円
  3. 「お店〜依頼主」までの距離料金 → 150円/km
  4. Uber Eatsの手数料 → -35%

※実際の報酬とは異なる場合があります。

実際にはこの料金に「インセンティブ」や「ブースト」と言ったボーナス制度が加わることが多いです。
この制度をうまく利用することで、給料を大きく上げることができます

【ブースト】
→注文の多い時間帯に配達報酬が上がるシステムです。
 例えば「ランチ・ディナータイム」「休日」に発生します。

毎日発生するため、このタイミングを狙って配達すると効率よく給料を上げることができます。

【インセンティブ】

→不定期に発生する制度で内容も一定ではないです。
 例えば、「一定回数配達するとボーナス上げるよ」というのがあります。

やはり、雨の日などに多いですね。

実際の給料を計算してみる

実際に、1件配達したときの給料を計算してみます。

((300円+170円+(150円×2km))× 65%=500円

「あれ?意外と少ないな・・・」

と、思うかもしれませんがあくまでも1件あたり。1時間なら何件か回ることも出来るので、実際はこれ以上稼ぐことができるでしょう。

一般的には「時給:1000円〜2000円」と言われています。

このばらつきは、地域差や時間帯や個人のスキルによるもの、と言われています。

始めたては時給も安くなってしまいますが、続けていくうちにコツを掴み、努力次第で時給を上げていくことも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットUber Eats(ウーバーイーツ)のメリットを見ていきましょう。 

POINT
  1. なんと言っても”自由”に仕事ができる
  2. ガッツリ人と接し無くても良い
  3. 努力次第で給料が上がる
  4. 支払いが週単位でほしいときにすぐ手に入る
  5. ダイエットにもなる

なんと言っても”自由”に仕事ができる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の最も大きなメリットは、間違いなく「自由に仕事ができる」ということでしょう。

普通のアルバイトだと、一度決めたシフトは絶対に出なければいけません。
たとえ雨でも体調が優れなくても。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)ならそんなことは心配いりません。

例えば、「早く仕事が終わったから、ちょろっと小遣い稼ぎでもする」というのもOKです。

更には、「雨が降ってきた・台風が来た・疲れた」といった理由で休んでもOKです。

どんなときでも、自分のやりたいときに仕事ができるというのは副業にピッタリだと思います。

ガッツリ人と接し無くても良い

人と接するのって、結構疲れません?
少なくとも、自分は疲れます。

それをいくらお金がないからと言っても休日や仕事終わりに、わざわざやりたくないですよね。

ですが、「デリバリー」なら受け渡しの際の「たった1言」だけで完結できます。

昔やってたコンビニバイトなんて、苦痛&苦痛でした・・・
そのときにUber Eats(ウーバーイーツ)があったら、間違いなく辞めてました笑

ちなみに、「職場」という概念がないので「人間関係に悩む」なんてこともありません
これって、コミュ障にもピッタリなんじゃ・・・

努力次第で給料が上がる

そもそも今の給料が少ないのは、「給料が上がらないから」なんですよ。

だから、無駄に仕事をちんたらして残業代を請求しようとしたりするわけです。

他にも、クソ使えない社員に合わせて仕事しなくちゃいけないから、いつまで経っても仕事が終わらない、とか。

でも、「完全出来高制」なら自分の努力が直に反映されて給料が上がるから、財布も心のモチベーションも膨らみますよね!

支払いが週単位でほしいときにすぐ手に入る

通常アルバイトなどは、「月締め月払い」ですがUber Eats(ウーバーイーツ)は「週払い」です。

なので、「今週は飲み会が多かったから金欠だわ・・・サクッと稼いじゃお!」というのが簡単に出来るので便利ですね。

急な出費が重なったときには、特に重宝します。

ダイエットにもなる

最近腹回りが気になってきたな・・・
健康のためにも運動しなきゃな・・・

こんな悩みを解決するのに、わざわざ「ジム」に通おうとしていませんか?

もったいなぁーい!

断言します。
続きません。
私が証人です笑

ダイエットに一番効果的なのは、「筋トレ」ではなく「有酸素運動」つまり「ロードバイク」なのは常識ですよね?

お金も稼げて、目的をもってロードバイクに乗れる。まさに一石二鳥じゃないですかぁ・・・!

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリット

メリットばかりに見えるUber Eats(ウーバーイーツ)にもデメリットはあります。
一個づつ見ていきましょう。

POINT
  1. 初期費用(準備物品)が高い
  2. トラブル時は自分で解決しなければならない

初期費用(準備物品)が高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)をする上で、必ず準備しなくてはならない物品があります。
例えば、こんなものです。

  1. 乗り物(自動車・バイク・自転車)
  2. スマホ
  3. モバイルバッテリー
  4. スマホホルダー

これらは最低限無くては仕事ができないものですが、全て自分で用意しなければなりません。
※乗り物など一部の物品はレンタルすることができます

トラブル時は自分で解決しなければならない

配達中トラブルというのは、いつしか起きてしまうものです。

しかし、基本的には自分で解決しなくてはいけません
とは言え、「急にトラブル時の対応なんてできないよ!」というのは最もなので「サポートセンター」に連絡して対応を仰げば問題ありません

アプリ内に「ヘルプ」があるので、そちらを利用するようにしましょう。

誰でも簡単!Uber Eats(ウーバーイーツ)の初め方

さて、いよいよUber Eats(ウーバーイーツ)に実際に登録して行きましょう!
流れとしてはすごく簡単で、登録だけなら5分で出来ちゃいます。

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する
  2. Uber Eats(ウーバーイーツ)が登録情報を確認する
  3. Uber Eats(ウーバーイーツ)から営業所に来るよう連絡が来る
  4. 営業所まで行き、バッグの受け取りと配達時の説明を聞く
  5. 配達開始!

ちなみに、履歴書を書いて持っていったり面接をすることはありませんので、安心してください。

【登録の最低条件】
登録するにあたって「最低条件」があります。
さほどハードルは高くないので心配は要りません。

  1. 18歳以上であること
  2. 身分証を所持しており提示出来ること
  3. プロフィール写真を登録できること

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する

まずはUber Eats(ウーバーイーツ)に無料会員登録しましょう。

表示されるフォームに登録情報を入力して、会員登録をしてください。

途中「顔写真」の登録を促されますが、あとで変更可能なのでその場で撮ったものでもなんでも良いのでとりあえず登録しておきましょう
明らかに異なったものを登録すると、その場で弾かれます。
おそらく、画像認証しているものと思われます。

また、「身分証」の提示も求められます

安全なサービス提供のためですので、潔く提示しましょう。
なお、提示するのは登録のためのみ、なので依頼主に情報が伝わることはありません。

その後の登録も無事終わったら、会員登録は終わりです。

2.Uber Eats(ウーバーイーツ)から営業所に来るよう連絡が来る

登録に不備なく終われば、通常1週間ほどで承認のメールが来ると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)からの承認が終わったら、案内に従って営業所へ行きましょう

3.営業所まで行き、バッグの受け取りと配達時の説明を聞く

営業所に行くと、以下のことが行われます。

  • 本登録
  • 配達専用バックの受け取り
  • 簡単な講習(注意事項やルール説明)

※およそ30分ほど

営業所の場所は時期によっては変わっている場合もありますが、現在関東の営業所は「新宿・秋葉原・恵比寿・関内(横浜)」にあります

営業所まで行ったその場から、配達が可能となります。

家が営業所の近くの方は、帰りながら配達を試してみるのも手かもしれませんね。

ロードバイクで配達する際に注意すること

ロードバイクで「料理」を配達する際は、いくつかの注意点があります。
ぜひ参考にしてみてください。

  • 前傾姿勢になったときにバックが傾かないようベルトを調整する
  • 料理を運んでいる際は段差に気をつけダンシングはしない
  • シューズはノーマルペダルかSPDがおすすめ
  • スマホホルダー・モバイルバッテリーは必須
  • 駐輪時間は一瞬なのでロックは簡素にすばやく出来るものがベスト
  • スタンドがあると駐輪場所を選ばず便利 

配達に関する注意点

配達するものは「料理」です。

そのため、容易に崩れたりこぼれたりしてしまいます。
店側やUber Eats側も配慮していますが、実際に配達する側も配慮した配達が必要になります。

特にロードバイクは前傾姿勢が強いので、中のものも一緒に前に倒れないようにする工夫が必要です。

具体的には、「ベルトを長くのばし水平を保つ」「そこに斜めに板を敷き水平を保つ」などが挙げられます

また、ダンシングといった普段何気なく行ってしまうライディングテクニックも控えるようにしましょう。

シューズはノーマルペダルかSPDがおすすめ

配達中は、歩き回ることも想定されます。

そのため、歩きにくい「SPD-SL」はおすすめできません。
「ノーマルペダル」か「SPD」がおすすめです。

スマホホルダー・モバイルバッテリーは必須

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は、終始スマホを使います。
そのため、スマホホルダー・モバイルバッテリーは必須アイテムです。

スマホホルダーは、頻繁に取り外すことも考えて選ぶことをオススメします。
ちなみに自分は、ミノウラのスマホホルダーを使用しています。

専用ケースを必要とせずスマホのサイズも選ばないうえ、左右のホルダーとシリコンゴムでホールドするため着脱が非常に容易です。

しかも、幹線道路のロードノイズ(ギャップ)の強い道でもスマホが落ちることのなかった実績があるので、自分は絶大な信頼を寄せています。

モバイルバッテリーは、大容量のものを選ぶと途中で足りなくなることを防げるのでおすすめです。

まとめ:ロードバイク×副業は夢のまた夢か?

最近は暗い話が続き、給料だけではなく仕事の今後まで考えなければいけない時代になりました。

夢のまた夢とも思えた「ロードバイク」を使った副業でしたが、こうやって見てみるといがいと現実味を帯びてきたんじゃないでしょうか?

さいごにこの副業がオススメな人を紹介して終わります。

この副業がオススメな人
  • 一日中ロードバイクに乗っていられる人
  • ロードバイクで稼ぎたいと思っている人
  • ロードバイクが好きな人

以上「【Uber Eats × ロードバイク】金欠ライダー必見!好きなことで稼ぐ方法【ウーバーイーツ】」でした!