ゆとり生活

画像の説明
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
lezyne mega xl gps review
画像の説明
画像の説明
画像の説明
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
ロードバイク節約術
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説

【スポンサーリンク】

ロードバイクのブレーキは今すぐ105以上に交換するべき!!選び方と交換方法

f:id:uuchu:20180924175903j:plain

 

あなたのブレーキ、命あずけられますか?

あなたは普段どんなロードバイクに乗っているでしょうか?

私が乗っているロードバイクは、CannondaleのCAAD8のSORAモデルなんですよね
当然ブレーキもSORAなのですが、よく安全面から”105以上のグレードに変えたほうがいい”と言われます。

ロードバイクにおいてブレーキは唯一のセーフティ機能です。

もしそのロードバイクのブレーキが105以下なら、交換することを強くおすすめします!

そもそもなぜアップグレードする必要があるのか

せっかく買ったロードバイクのブレーキを、なぜわざわざ買い換える必要があるのでしょうか?

それは、安全性能を上げるためです。

ロードバイクは、初めて乗る人でも平地で20km/hは誰でも出せます。
少し慣れてきた人であれば、30km/hなんて余裕で出ます。

しかし、30km/hといえば原付きの法定速度ですよね?

そんなにスピードが出るのにもかかわらず、ちゃんと止まれないブレーキに自分の命預けられますか?

ましてや、他人に危害を与えるなんてのは、もってのほかです。

安全運転は当然ですが、万が一のことも考え、ブレーキは105以上に交換しましょう。

ブレーキの選び方 

どのグレードにする?105? ULTEGRA? DURA-ACE?

今ロードバイクについているブレーキのグレードがTiagraやSORAやClarisだった場合、交換する選択肢として105・ULTEGRA・DURA-ACEがあります

グレードによって何が違うの?

「グレードは高いほうが良いのはわかるけど、なんで?」
各グレードには、想定されるスピード域があり、これが違います。 

例えば、”SORA”はシティライドを想定して作られています。この場合、せいぜい速くても20km/hくらい、たぶん15km/hがほとんでしょう。

20km/hのシティライドでは、高速域を制動するスペックよりも素材の質を下げて価格を下げてあげたほうが良いですよね。

対してDURA-ACEは、プロのロードレースに使用されることを想定して作られています。このときは70-100km/hくらいのスピードがでるそうです。

車とほぼ同じかそれより速いですね。

高速域で走るプロのロードレースでは、確実にスピードを調整できなければレースに勝つことはできませんし、何より止まれなかったときは命に関わります。

そのため、剛性をあげなければならないので自ずと価格も高くなります。

この想定速度の違いが、グレードによるブレーキの違いだと思います。

また、上限ギリギリで止まろうとすると負荷が強くかかりますが、上限の半分では負荷はあまりかかりません。

同じスピードでも、止めるために必要な力も止まるために要する力も異なるのです。

自分のライドの仕方と比べて、自分はどの速度域で走行することが多いのか考えてみましょう。

どのグレードを選べばいいの?

最高のスペックで安全なライドを

ブレーキのグレードを上げる理由は、安全性能を上げるためであると述べました。

そのことから言えばこの中で一番良いのは、最高ランクのDURA-ACEが良いということになります。

しかし、ネックになるのは価格で、ブレーキとはいえ前後で3万円はします。

SORAやClarisに乗っている身からすると、ブレーキ単体で3万は高いように思えます。

ですが怪我するリスクや入院費・最悪死亡する可能性を考えたら安くないですか?
もし、安全に重点を置くのであれば間違いなく”DURA-ACE”をおすすめします

お手軽に安全性能を上げるなら、まずはこれ

いくらブレーキは安全保証の上で大事だ、とわかっていても懐は無視できませんよね。
とくに、お小遣いでロードバイクをやっている学生さんやお父さんサイクリストに3万円の出費はかなり痛い・・・ 

それを踏まえると、それより下のグレードの105あたりですと前後で8000円くらいで買えちゃいます

あまりグレードを下げてしまうと、意味がないですが、この”105”はロードレースにでる資格の一つとして、”コンポーネントが105以上”という縛りがあるのと、SHIMANOがレースを想定して作っているので、性能についてはお墨付きです。

価格と性能のバランスを考えると、105がちょうどいいのではないでしょうか。
よく、「ロードバイクを買うなら最低でも105」とも言われますしね。

他には、ULTEGRAという選択肢もあります。

こちらは、1万円前後で買うことができます。

グレード的には、"DURA-ACE"と"105"の間に位置するグレードで、"DURA-ACE"と比べるとかなり安く、"105"と比べると少ししか金額が変わらないので、もうちょっと頑張れるのであれば"105"よりも”Ultegra”を買ったほうがよいですね。

ブレーキの種類に気をつけろ!キャリパー?ダイレクトマウント?ディスク?

グレードにもよりますが、ブレーキにはキャリパーブレーキ・ダイレクトマウントキャリパーブレーキ・ディスクブレーキキャリパーと3タイプあります
※呼称は、便宜上商品名称からとっています。正式な分類とは一部異なります。

通常は、もともと付いていたものと、同じタイプを選びましょう

例えば完成車に通常ついているのは、キャリパーブレーキですが、ディスクブレーキにしたいからと言って買ってきても、フレーム側が対応していなければ、つけることはできません。

【スポンサーリンク】
 

交換のその前に!工具とスモールパーツは大丈夫?

いざ交換!・・・の前に、工具とスモールパーツが揃っているか確認しましょう

ブレーキの交換には、以下のものが必要です。

  1. 六角レンチ
  2. ワイヤーカッター
  3. インナーエンドキャップ

1.六角レンチ 

ロードバイクに乗るなら、必ず一つは持って置きたい工具No.1
ブレーキの脱着や調整に使用します。

他にもロードバイクのメンテナンスでは必ずと言っていいほど使うので、投資する価値は十分にあります

おすすめは、カラーリングがあり先端がボールポイントになっているものがおすすめです。
カラーリングが施されていると、使うサイズを視覚的に覚えることができるので一々はめてみて「コレジャナイ・・・」と、なりにくくなります 。

ボールポイントは、斜めに嵌めても使うことができるため狭いスペースでの作業のときに役立ちます。
ロードバイクはパーツが狭い範囲に詰まっていることがあるため、この機能が有るのと無いのでは作業効率が違います。

ちなみに、「まだ一つも工具を買っていない」「これからメンテナンスに本腰を入れるから工具を揃えるつもり」という方は、「ツールボックス」という工具がセットになったものを買うと、安く必要な工具が一通り手に入ります

2.ワイヤーカッター

ブレーキのインナーワイヤーやアウターを切断するのに使用します。

ブレーキワイヤーは、撚り線と言って複数の針金で撚って作られています。

撚り合わさることで、ブレーキングで引っ張られたときに切れにくくなるのですが、ほつれてしまうとその機能が失われてしまいます。

最悪なくてもニッパーなどで代用できますが、専用品があったほうが切断面がほつれにくくて、安全です。
※「最悪無くても」と書きましたが、相当切りづらいです。間違いなく断面はぐちゃぐちゃになります。

3.インナーエンドキャップ

切ったブレーキワイヤの切断面をカバー・保持するためのキャップです。

切ったブレーキワイヤの先端はほつれやすく、最悪の場合切れてブレーキが効かなくなってしまうので、必ずキャップをしましょう

ブレーキ本体には付属していないため、忘れやすいので注意しましょう。

ちなみに今回私はこれを用意するのを忘れており、慌てて工具箱をひっくり返して、偶然見つけて事なきを得ました・・・

いざ開封。BR-5800だ!

今回購入したのは、「BR-5800」の前後セットです。
今の105は7000シリーズなので一個前ですね。f:id:uuchu:20180602191523p:plain

前後セットなので、2つ前後1つづつ入ってます。当然ですが笑f:id:uuchu:20180602191526p:plain

それぞれの見分け方は、後ろのネジ部分の長さ
長いほうが、フロント。短いほうが、リアです。f:id:uuchu:20180602191530p:plain

付属品は、取付ナット5種6個とワッシャー2個でした。

取付ナットは、最低6回転するものを選ぶようにしてください。
※BR-5800ディーラーマニュアルよりf:id:uuchu:20180602191532p:plain

BR-5800のブレーキシューの写真です。
もともと付いていたSORAのBR-3500は、船の部分がプラスティックでした。

今回の105のBR-5800は、金属でできており剛性アップが期待できます。f:id:uuchu:20180602191549p:plain

【スポンサーリンク】
 

取り外し方

ブレーキに固定されているブレーキワイヤーを、ワイヤーカッターを使用して切断します。

この時、同じワイヤーを続けて使う際は、インナーキャップギリギリに切らないと、長さが足りなくなる場合があります。f:id:uuchu:20180607205056p:plain

ブレーキワイヤーをブレーキキャリパーから外していきます。
ブレーキキャリパーにあるロックを外して、ブレーキワイヤーにかかるテンションを開放します。

ブレーキワイヤーにかかるテンションを開放する

レバーを下から上に回す。

「インナーケーブル固定ボルト」を緩めると、ブレーキワイヤーがブレーキキャリパーから抜けます。インナーケーブル固定ボルトを緩める

ハンドルを切って、フロントフォーク裏面にあるブレーキ固定の穴を探します。f:id:uuchu:20180607205121p:plain

その固定用の穴に取り付けナットがあり、それに適したアーレンキーでナットを取り外します。
この時あらかじめフロントホイールを外しておくと、取外しと取付が楽に行えます。f:id:uuchu:20180607205144p:plain

ナットを取外すと、ブレーキも外れます。

【スポンサーリンク】
 

取り付け方

新しくつけるブレーキを用意します。
先ほどとは逆の手順で、取付ナットを使用してフロントフォークに取り付けます。

取付ナットは、最低でも6回転するものを選択してください。
基本的には、もともと付いていたものと同じ長さのものを選べば良いと思います。

アーチを手で押さえ、リムを挟んだ状態で固定してください。f:id:uuchu:20180607205217p:plain

ブレーキケーブルをブレーキに固定します。
ブレーキケーブルを通したら、リムとのクリアランスが左右合計で3〜4mmぐらいになる位置で押さえ、ワイヤーを固定します。f:id:uuchu:20180602191552p:plain

このとき、ケーブル調節ボルトは、締め切った状態で取り付けます。
ちなみにケーブル調節ボルトは、ブレーキ本体の上のギザギザのきのこみたいなやつです。f:id:uuchu:20180607205341p:plain

また、センタリング調節ネジもデフォルトにしておきます。
※BR-5800では、ネジ頭とプレートが、2−3mm離れている位置がデフォルトです。f:id:uuchu:20180607205246p:plain

【スポンサーリンク】
 

仕上げ

クリアランス/センターの調節

まず、「クリアランス/センターの調節」をします。
左右のブレーキパッドが同じ開き幅で、かつブレーキを掛けたときに同時にリムに当たるように調節します。

微調節であれば、センタリング調節ボルトで調節し、大幅に異なる場合は、ブレーキの固定からやり直してください。f:id:uuchu:20180607205246p:plain

引きしろの調節

次に「引きしろの調節」を行います。
ブレーキを最大限に掛けたときに、ドロップ部とブレーキレバーの間が1cmほど空いているか確認します。f:id:uuchu:20180607205311p:plain

微調整の場合は、ケーブル調節ボルトで調節します。
離れている場合は、ケーブル調節ボルトを緩めると距離が縮みます。
大幅に調整する場合は、ブレーキケーブルの固定からやり直してください。f:id:uuchu:20180607205341p:plain

ブレーキパッドのトーイン調節

最後に「ブレーキパッドのトーイン調節」をします。
ブレーキを掛けたときに、ブレーキパットが正しくリムに当たるよう調節します。

ブレーキパッド固定用ロックナットを少しだけ緩め、力を入れれば動くが指をはなしてもずれない程度にします。

その状態でリムにブレーキパッドが軽く当たるくらいブレーキをかけ、位置を調節します。

調節は、ブレーキパットの上部はリムの上部の縁から1mm以上離れた位置にし、リムに沿うように固定します。

f:id:uuchu:20180607205406p:plain

続いて「トーイン」ですが、進行方向を前として、ブレーキパットの前側が一番狭く、後ろが一番広くなるよう、"ハの字"に固定します。f:id:uuchu:20180607205427p:plain

調整が終わったら、ずれないよう気をつけながらブレーキパッド固定用ロックナットを締め、ブレーキパットを固定します。

ちなみにこの「トーイン」調整ですが、意外とテクニックが必要です。
無くても調整はできますが「トーインチューナー」というのがあると、一発で決まるので心配な方は購入を検討してみてください。

 

【スポンサーリンク】
 

実際にSORAから105のブレーキに変えてみて

やっぱり105にすると、ブレーキのかかりが全く違います

今までは思いっきりブレーキをかけても、スルスルと力が抜けていく感じがありましたが、105に変えてからはガッチリかかっているのがわかります。

また、ブレーキをかけてから力が伝わるまでも違いました

”SORA”は、50%くらいでようやく力が伝わりブレーキがかかるのですが、”105”では10%くらいのところですぐに掛かります。

いざという時にすぐにブレーキがかかるので安心感があります

それと雰囲気が少し変わるので、所有感が満たされます笑
これが一番かもしれませんね笑

以上「ロードバイクのブレーキは今すぐ105以上に交換するべき!!選び方と交換方法」でした。

関連記事

ブレーキシューの効きを新品同様によみがえらせる方法

ブレーキシューに新品のようなブレーキングを蘇らせる方法

ブレーキシューは、なかなかメンテナンスをしない場所ではありますが、メンテナンスをすることで新品のようなブレーキングをよみがえらせることができます。

命を預けるロードバイク用ブレーキワイヤーの種類と交換方法を解説【初心者OK】

ロードバイクのブレーキワイヤー交換方法
ロードバイクのブレーキは、”ワイヤー”を使用しているので定期的な交換が必要です。
特に購入から一度もブレーキワイヤーのメンテナンス・交換をしていないという方は、今すぐに交換を検討してください!

【初心者OK】ロードバイクのスプロケット交換を画像で徹底解説!

初心者でもできるロードバイクのスプロケットの交換方法

速度アップに効果的な「ホイール交換」で必要なスキルになる「スプロケット交換」を、初心者でもできるように【画像】付きで手順を追って解説しました。

【完全版】Prime(プライム)ホイール選び方!おすすめはどれ?全27種類を比較してみた!

PRIME ホイール

ホイール交換は、ロードバイクの速度アップに一番効果のある投資です。

とはいえ、良いホイールになると10万円代など非常に高価でなかなか手が出ませんよね。
大手ロードバイク通販サイト「Wiggle」のプライベートブランド「Prime」のホイールなら、高性能な50mmハイトカーボンホイールが約7万円で手に入ります。

この記事さえ読めば自分の買いたいPrime(プライム)ホイールが100%わかる!

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

ロードバイクライフを豊かにする機材/アイテムまとめ

更にライドを楽しく・快適にするためにオススメな機材/アイテムをまとめました!