ゆとり生活

Wahoo ELEMNT ROAMの長所と短所を紹介
lezyne mega xl gps review
CATEYEのおすすめスピードケイデンスセンサー
【完全版】Primeホイールの選び方!全27種類を徹底比較!
AlterLock(オルターロック)のレビュー!長所・短所を解説
【感動をカメラで残す】ロードバイクにおすすめな一眼・ミラーレスカメラ・コンデジの選び方
ロードバイクのブレーキは今すぐ105以上に交換するべき!!選び方と交換方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)とロードバイクで副業
夏のロードバイクライドも快適に過ごための暑さ対策

【スポンサーリンク】

IIJmio(みおふぉん)のメリット・デメリットを徹底解説。乗り換え方法とプラン解説

IIJmio(みおふぉん)のメリット・デメリットと乗り換え方法とプランを解説する画像

 

IIJmio(みおふぉん)への乗り換えは、節約にめちゃくちゃ有効な手段です。
苦労してコツコツ節約しなくても、一気に月に数千円節約することができます

今スマホ代は、大手キャリアで月8000円前後のスマホ代を支払っていませんか?

毎月毎月財布に大ダメージ・・・
生活に絶対必要だから解約する事もできないし・・・

と、言う悩みをズバッと解決できるのが格安シムの「IIJmio(みおふぉん)」です。

ー  実際どれくらい安くなるの?

 

人にもよりますが、スマホ代を毎月約6000円節約することが出来ます

IIJmio(みおふぉん)をうまく使うことで、スマホ代を月2000円にすることができちゃいます

過去私も月1万円ぐらいスマホ代を支払っていましたが、IIJmio(みおふぉん)に変えて今は月2000円ほどです。
もちろん通話代コミで!!

もう5年間IIJmio(みおふぉん)を使い続けているので、約50万円節約できたことになります。
新しいカーボンロード買えちゃうぜ・・・

というわけで、IIJmio(みおふぉん)を5年以上使い続けている私が、IIJmio(みおふぉん)のメリット・デメリット・プランの解説・乗換方法まで一気に徹底解説します。

読みながら一緒に進めていけばカンタンに乗り換えることができるので、是非チャレンジしてみてください!

IIJmio(みおふぉん)のメリット

IIJmio(みおふぉん)のメリットは、全部で9個あります。

  1. 「みおふぉんダイアル」で通話料金がだれでもすぐ半額になる!
  2. 「かけ放題プラン」もあるから電話をよくする人でも節約できる!
  3. 通信量を使い切っても「バースト転送」機能でストレスフリー!
  4. 余ったデータ量を翌月に繰越できるから払い損なし!
  5. 「シェアプラン」で家族や複数端末もオトクに使える!
  6. ドコモもauもテザリングが出来るから外出先でも活躍できる!
  7. 初めてでも機械音痴でも安心のサポート体制があるから安心!
  8. 大手キャリアにある「2年縛り」がない
  9. 確かな実績と安心で「3年連続満足度1位」

それぞれ見ていきましょう。

「みおふぉんダイアル」で通話料金がだれでもすぐ半額になる!

みおふぉんダイアルで通話料半額

みおふぉんダイアルアプリ

みおふぉんダイアルアプリ

Internet Initiative Japan Inc.posted withアプリーチ

IIJmio(みおふぉん)にすると通話料金が安くなります。

スマホは30秒/20円の通話料がかかりますが、「みおふぉんダイアル」という無料公式アプリを使用すると通話料金を半額(30秒/10円)にすることが出来ます

最近は「通話アプリLINE」のおかげであまり電話をしなくなりましたが、それでも電話する機会はゼロではありません。

この「みおふぉんダイアル」は、IIJmio(みおふぉん)を契約している人しか使えないので使わない手はありません。

「かけ放題プラン」もあるから電話を良くする人でも節約できる!

かけ放題プランで通話の多い人でも安心

ちなみに、「通話時間は短いけど回数をかける」という人には「かけ放題プラン」がおすすめです。

みおふぉんダイアルでは、「10分間かけ放題」プランを月830円で追加することが出来ます。
「10分も電話かけないよ」という人は、「3分間かけ放題」プランが月600円なので、こちらがおすすめです!

【日本人の平均通話時間は”2分25秒”】
平成26年に行われた総務省の調査によると、日本人の平均通話時間は”2分25秒”だそうです。

ビジネスでも使う方など頻繁に連絡をとる方は、「かけ放題プラン」をつけたほうがお得ですね。

私みたいに「LINE通話」がメインの場合は、普通のプランだけで十分です。

通信量を使い切っても「バースト転送」機能でストレスフリー!

低速状態でもバースト機能で快適

多くの格安シムは、データ通信量を使いすぎると低速状態になり、使い勝手が非常に悪くなります。
しかし、IIJmio(みおふぉん)では低速状態でも「バースト転送」機能で使い勝手を保ったまま使用することが出来ます。

【バースト転送機能とは】
通常の低速状態では、読み込みの最初から最後まで常に低速で通信します。
対して「バースト転送」機能は、読み込みの最初だけ低速状態を解除して読み込むので、体感の読み込みの時間が短縮され、使い勝手を保つことができます。

余ったデータ量を翌月に繰越できるから払い損なし!

余ったデータを翌月に繰越

使う月によっては、「データ通信量」が残るときもありますよね。
しかし、一部の格安シムや大手キャリアでは残った「データ通信量」は、破棄されなくなってしまいます。

IIJmio(みおふぉん)では、翌月に「データ通信量」を繰り越す事ができるので、無駄なく使うことが出来ます。

「シェアプラン」で家族や複数端末もオトクに使える!

IIJmio(みおふぉん)では、1つのプランに複数のシムを追加することが出来ます。

シェアすることで出来ること
  • 家族でシェアすれば一家まるごとスマホ代節約
  • 複数あるスマホやタブレットも一気に節約

1つのプランのデータ通信量を家族で分けて使うことで、無駄なく使うことが出来る上に、使い方によっては、スマホ一人分の料金で家族4人分使うことが出来ます。

ドコモもauもテザリングが出来るから外出先でも活躍できる!

【テザリング】は、スマホからPCやタブレットに電波を飛ばして家の外でもインターネットを使えるようにする機能です。
【テザリング】が出来るようになると、出先のカフェなどでPCとつなげてインターネットが出来るようになるため非常に便利なのですが、多くの格安シムでは”auのみ”コレが出来ません

しかし、IIJmio(みおふぉん)では、「ドコモ」でも「au」でも両方【テザリング】が出来ます

普段から【テザリング】を使っていた方は、要注目です!!

初めてでも機械音痴でも安心のサポート体制があるから安心!

格安シムが大手キャリアと比べて料金が安い理由に、「実店舗を所有していないから」というのがあります。

とはいえ、はじめて格安シムを使用する人や機械音痴の人には非常にハードルが高く、せっかくオトクなサービスなのに躊躇してしまいます。

IIJmio(みおふぉん)では、「初心者でもわかりやすいQ&A」や「サポートチャット」などのサポート体制が充実しているので安心です。

>>はじめての格安SIM実践ガイド|IIJ公式HP
>>よくある質問

大手キャリアにある「2年縛り」がない

大手キャリアには「2年縛り」という悪徳制度があります。
2年間の間に解約すると高額な違約金を取られます。(およそ1万円)

しかし、IIJmio(みおふぉん)には2年縛りはありません
IIJmio(みおふぉん)が合わない、と思ったらすぐに解約する事もできますので、気軽に試すことが出来ます。

ただし、1年以内に解約してしまうと「音声通話機能解除調定金」というのがかかります

(12ヶ月-利用月数) × 1000円 =1000円〜12000円

 

※例えば、半年(6ヶ月)使用して解約した場合
(12ヶ月 - 6ヶ月) × 1000円 =6000円

確かな実績と安心で「3年連続満足度1位」

IIJMIOはお客様満足度1位

IIJmio(みおふぉん)は、数々のランキングでNo1の評価を取っています。
>>IIJmio(みおふぉん)の評価を見る

理由としては、実績とサポート体制だと思います。

IIJmio(みおふぉん)の親会社IIJは、もともと20年以上通信とネットワークの会社として活躍していた企業なので実績とノウハウが詰まっています。

さらに、わからなくても調べればすぐに分かるサポート体制が、はじめての人でも安心して使用できるのだと思います。

私も5年ほど使っていますが、サポート体制に不満を持ったことがなく、乗り換え後も親切に対応してくれたのを覚えています。

IIJmio(みおふぉん)のデメリット

このように9個ものたくさんのメリットのあるIIJmio(みおふぉん)ですが、いくつかデメリットがあります。

  1. 時間帯によって通信速度が落ちる場合も
  2. キャリアメールが使えなくなる
  3. 実店舗がない 

1個ずつ見ていきましょう。

時間帯によって通信速度が落ちる場合も

IIJmio(みおふぉん)のみではないのですが、格安シムにすると一部の時間帯は通信速度が落ちる場合があります
※お昼の時間帯など

例としては、大手キャリアだと20Mbps出るとすれば、格安シムだと5〜10Mbpsほどに下がってしまします。
※「Mbps」は、データ通信の速度のことです。大きければ大きいほど早いです。

ですが、実際のところ1〜2Mbpsほどの速度があれば、快適に使用することが出来ます。

例えば、ちょっとしたネットサーフィンやSNSなんかは全然問題なく使えます
体感的には、大手キャリアとほぼ変わりないと思います。

逆に、動画サービスyoutubeなんかは、ちょっと快適とは言えません

キャリアメールが使えなくなる

キャリアメールというのは、こういったメールアドレスのことです。

  • 「@docomo.ne.jp」
  • 「@ezweb.ne.jp」
  • 「@softbank.ne.jp」

今ではLINEなどで連絡を取ることが多く、普段メールを使う機会が減ってきたので大きなデメリットではないかもしれませんね。

キャリアメールの代わりにフリーメールというサービスを使用することで、対処出来ます。
※フリーメールは、「gmail」や「Yahoo!メール」など

実店舗がない 

もしかすると、人によっては「実店舗が無いこと」が大きなデメリットになるかもしれません。
しかし、IIJmio(みおふぉん)なら問題ありません!断言します

詳しく見ていきましょう。

大手キャリアだと街のいたるところに実店舗があり、困ったらすぐに駆け込めるのが大きな利点でした。

しかし、どうでしょうほんとに便利でしたか?
ちょっとしたことで店舗にわざわざ行かなければならず、しかも毎回長い間待たされる・・・

逆にIIJmio(みおふぉん)は実店舗がない代わりに、全ての手続をインターネット上で行いますので、待たされることがありません

 

「じゃあ、わからないことはどうしたらいいの?」

問題ありません、すでに解決方法をまとめてくれています。
>>IIJmio(みおふぉん)の「よくある質問」

それでもわからない・解決しない場合は、チャットや電話で直接オペレーターと話すことができます

どうでしょうか、それでもまだ実店舗が必要ですか?

IIJmio(みおふぉん)の料金プランを説明!

IIJmio(みおふぉん)の料金プランを説明
IIJmio(みおふぉん)には、大きく分けて3つの料金プランがあります。
>>IIJmio(みおふぉん)の料金プラン

  1. 3GBまで使える「ミニマムスタートプラン」
  2. 6GBまで使える「ライトスタートプラン」
  3. 12GBまで使える「ファミリーシェアプラン」

私がおすすめするのは、こんな使いかたです。

おすすめ
  • SNSやネットサーフィンがメイン → 「ミニマムスタートプラン」もしくは「ライトスタートプラン」
  • 複数端末使う場合や家族で使う場合 → 「ファミリーシェアプラン」

※ちなみに私は、「ミニマムスタートプラン」です。

大手キャリアを使用している人の多くは「6GBのプラン」だと思うので、はじめは「ライトスタートプラン」がおすすめです。

【今使っているデータ量を確認する方法】

ちなみに料金プランはいつでも変更することが出来るので、乗り換えるときだけ少し多めのプランにするというのもアリですね。
>>プラン変更の仕方

IIJmio(みおふぉん)へ乗り換え・MNP手順はこれだけ

iijmioへの乗り換え手順

IIJmio(みおふぉん)に乗り換える方法は、こんなかんじです。

  1. MNP予約番号を用意する
  2. IIJmioに契約を申し込む
  3. APN(ネットワーク)設定をする
  4. 開通センターに電話する
  5. 開通!

乗り換える方法はこれだけです。
MNP?APN?と難しそうな単語が並びますが、一緒に送られてくる案内のとおりに進めていけばカンタンに設定できますよ!

Copyright - ゆう-u'uchu-, 2019 All Rights Reserved.